まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

国実の情報マガジン「リフォーム世代マンスリー」
リフォームのお役立ち情報など随時発信していきます。

アーカイブ (2018年5月)


■高齢化とコンクリート■


年齢を重ねる毎に固くなる頭、体、動脈・・・
しかし固いのは悪いことばかりではありません。


高齢者にとって辛い作業となってくる、草取り、雪かき、加えて足場の悪さによる転倒。
それを固いコンクリートが解決します!!



幅は90cm~100cmが一般的です
e8b4419ace8e4f94f54fa0a0e226f266f58b83c8.JPG


和風のお庭とも違和感なくマッチしています
ff900df144e7baf4820ac39d54637bc5393319bc.JPG


広範囲をコンクリートにする場合はあえてすき間を作り、ひび割れを防止します
f317362d71ee3803f23ed85765bb61d0e141c4ca.JPG


最近は手すりもセットで作られるお宅が多いです
RIMG0002.JPG


条件よってはアスファルト舗装もオススメです
PC051303.JPG


アスファルトとコンクリート、そして庭石のコラボレーション
DSC_0040.JPG


玄関までのアプローチをコンクリートに変えると草も生えず、お掃除も簡単です!






■古民家改修■


りんごの里でカフェに生まれ変わる

築●年の古民家をおしゃれなカフェに改装中です。


IMG-7591.JPG

IMG-7592.JPG

随時改装の模様を報告します。ビフォアアフターをお楽しみに!!




■30年着込んだ旧いコートを脱ぐ■


外壁を軽い金属系にメタモルフォーゼ

老朽化した外壁の改装工事です。
通常は既存の外壁の上から下地を張り、その上に新しい外壁を貼っていくのですが、
こちらの30年前に建てられたお宅の外壁はそれはそれは厚くて重いものでした。


このままさらに外壁を重ねたら家にとても負担がかかるということで、
費用の負担もかかりますが、これまでの外壁をすべてはがし、新しく軽い金属系の外壁を貼ることになりました。

RIMG0070.JPG


新しく下地も張り直し、
IMG_5345.jpg

長年つかったサッシも新調し、


IMG_5364.jpg

ついでに床下に断熱材のウレタンを吹き付け、配管改修も行いました。


IMG_5475.jpg


床下は高さ100cm、とても贅沢な空間で作業もスムースに進みました。こちらは収納にも利用されています。
IMG_5479.jpg


ウールのコートからウルトラライトダウンへ。
外壁もそんな時代です。

IMG_5509.jpg

ガルバリウム鋼板にフッ素塗装、セルフクリンコート、とその性能がとにかくすごい!!





■屋根改修 瓦から鋼板へ■


屋根って永遠じゃなかったんだ?


瓦が一枚剥げてしまったこちらのお宅...

IMG_5024.JPG

いつ剥がれてしまったのでしょうか。
瓦を剥がしてみると大変なことになっていました。

IMG_5405.jpg

こちらには写っていませんが、すずめも同居していました・・・
IMG_5404.jpg


雨で腐ってしまった部分を改修し、ガルバリウム鋼板の屋根に張り替えました。
熟練職人の技がきれいなラインを描きます。

IMG_5581.jpg

軽い鋼板の屋根は耐震性もバッチリ。美しい青空に胸をはっているようです。




■空家考■


増え続ける空家に打つ手なし!


解体、放置、売却。
揺れ動く決断の中で、とてもおしゃれな終い方を見つけました。


解体...
IMG_5262.jpg


IMG_5211.jpg

使命を終えて土に返ります。
IMG_5224.jpg



放置...

IMG_5157.jpg

空家には一番つらい状態です。
IMG_0335.JPG

どうにもならな現実を草が覆い隠します
IMG_0575.JPG


売却...

IMG-7572.JPG


これらの家にも新築と呼ばれた時代があり、日々の営みがありました。
思い出まで解体、放置、売却されてしまうような一抹の寂しさがあります。


もう住むことはないけれど、たくさんの思い出が残るこの土地に、こんな石碑を建てました。


015.JPG


名前は消してありますが、ご夫婦の名前が並んで刻まれています。

思い出に対してだれもが優しい気持ちを持てれば、明日への歩みも変わっていくような気がします。


でも現実は・・・


■ココフキピカ磨きクロス■




今月の国実からのプレゼントは、水で濡らして磨くだけでピッカピカ!
【ココフキピカ磨きクロス】を20名様にプレゼント!!


flppr_10041248-ko-10.jpg

住所、氏名、年齢、電話番号をご記入の上メールでご応募ください。


送り先→info@kunimi.co.jo
お電話でご応募の方はこちらまでどうぞ。
TEL 0267-64-1822



■プチ講演会開催■


30名限定のちょっと贅沢な教育講座。

国土交通省観光カリスマ百選の一員に任命された松場登美さんをお迎えし、「足元の宝を見つめて暮らしを楽しむ」をテーマにご講演いただきます。
201802_regendo_top.jpg
日 時  6月14日(木)  14:00~15:30 (13:30開場)
場 所  佐久ホテル
講 師  松場登美 氏 (株)石見銀山生活文化研究所 
参加費  500円(ドリンク代)

今回は少人数で行うプチ講演会ですが、実はちょっとどころかとても贅沢な講演会です。

c42c96ae6d808c7b38da38cd16d0e77406058aa3.jpg
講師紹介
1981年に夫のふるさと島根県大田市大森町(石見銀山)に帰郷。内職仕事でためたはぎれを使って布小物の製造、販売を始めた松場登美さん。1989年には雑貨ブランド「ブラハウス」を立ち上げ、当時人口500人の石見銀山に築150年の古民家を修復し店舗を開いた。以来夫とおよそ10軒の古民家を修復し、地域の人々が楽しめる場を提案している。

石見銀山で暮らし、田舎暮らしの美しい文化を伝えていきたいと考え、1998年に株式会社石見銀山生活文化研究所を設立、「群言堂」として土地に根ざしたものづくりのよさを全国に発信している。

現在は13年かけて修復した築229年の武家屋敷「阿部家」で暮らしながら、古きよき時代の良さと新しい価値観を提案する暮らしの場として「暮らす宿 他郷阿部家」の営業も行っている。


日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008」3位受賞にも輝いた松場氏のお話を聞ける貴重な機会です。

住所、氏名、年齢、電話番号をご記入の上メールでご応募ください。
定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。


送り先→info@kunimi.co.jo
お電話でご応募の方はこちらまでどうぞ。
TEL 0267-64-1822





■DIY教室■


ご好評いただいております女性のためのDIY教室。
今回は既製の紙箱を使った簡単紙木箱をつくります。


日 時  6月22日   9:30~
参加費  500円 (ランチ付き 1000円)
材料費  1000円


30e5a6c7cfe3574ddf02524e2921783602c8fe53.jpg



お電話またはメールにてお申し込みください。
info@kunimi.co.jo
TEL 0267-64-1822





■FP講座■


ついに来た〜!
資産・お金で失敗しないためのFP講座


金【ゴールドのすべて】


今回もファイナンシャルプランナー野元氏をお迎えし、仕組み・購入の仕方・資産価値、全て教えます。

日 時  6月23日 10:00~
参加費  500円(ランチ付き 1000円)
講 師  野元 三夫 氏   ファイナンシャルプランナー

9ab2d5e9fbcc3b22911a663f75d456f2919881da.JPG
中身はティッシュでも気分はゴールド!



お電話またはメールにてお申し込みください。
info@kunimi.co.jo
TEL 0267-64-1822





■腸詰めウィンナー作り体験■


腸詰めウィンナー作りとシェフの簡単アレンジ料理を学びます。
試食もできちゃう美味しい体験講座です。


日 時  6月13日  10:00~12:00
参加費  1000円 (試食込み)
講 師  渡邊 敏 氏    きたやつハム株式会社 代表取締役
定 員  5名

keyVisual_sausage.jpg

お電話またはメールにてお申し込みください。
info@kunimi.co.jo
TEL 0267-64-1822

1