まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

アーカイブ (2017年10月)

補修工事 あれこれその19 2017:10:20:14:31:32

「お風呂に光を」


洗面所、お風呂が暗くてお悩みだったW様邸。
無理もありません...
隣接して建てられた車庫の屋根がすべての光を遮断していました。
そこでご提案したのがこちら。


kiji1018_006.jpg

ポリカ材の屋根です!



ポリカ材は透明で丈夫でしかもサビない優れもの。
ちょっとお値段も張るので1枚分だけ使用しました。


これだけでもとても明るくなりました。



「ハプニング」

ボイラーの前で立ち尽くすスーパー職人しんちゃん。


6892d1ebe12834a36687694f178544cbe4026453.jpg


これから外壁のサイディング工事だというのに、
壁とボイラーの間にほとんど隙間がありません!!!!



これではサイディングが貼れません...


そこはスーパー職人のスーパー対応!
配管をし直して、ボイラーを10cm前に出しました。



「ウッドデッキ改修工事」


ウッドデッキの床だけをセランガンバツ材(*5月の今日の国実に掲載させていただきました耐久性、防腐機能に優れた材質です)に張り替え、なんとか今日までもたせてきたこちらのデッキ。
とうとう土台も柱もボロボロで、この度オールバツ材での改修となりました。

kiji1018_004.jpg


また、以前この金網の部分も塞がれており、中の換気ができませんでした。
金網にすることで換気と同時に蛇の侵入を防ぎます。



注:デッキ部分は再利用しています。なんといってもセランガンバツ材ですから。




「宇宙遊泳も楽しいですが・・・」


由緒ある築80年のお宅。
床がギシギシ、フカフカ、フワフワ・・・もう宇宙遊泳の状態です。

そこで、最新のフロアーに改修することになりました。
最新のといっても、おん年80歳。
由緒正しい風格を損なわないよう気を配ります。


そこで床の骨組を解体したところ・・・

before
kiji1018_001.jpg


10帖間の床下に束(柱を支える土台)が真ん中に1か所のみ。
根太組みはまさに恐竜の背骨のようです。


after
kiji1018_003.jpg


これだけ束があればもう宇宙遊泳はできませんが、
ギシギシ、フカフカの心配はありません。



「これって工事ミス!?」


中古住宅のインスペクション(診断・調査・点検)は今や中古住宅販売において必須となりました。


そこで発見!
エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機)のドレンが排水されていませんでした。

kiji1018_002.jpg


kiji1018_007.jpg



急遽、排水溝を作り、ぬからないように工事しました。

新しいご入居者さまも安心です。



「アスベスト改修の現場」


kiji1018_009.jpg

今回依頼のあったアスベスト含有建材の屋根は傷みがひどいものでした。


e94bc20cbce2fa7e6341c485a8799b962edd6c5b.jpg


元の形状での回収ができず・・・


「今回だけだぞ」・・・回収業者の方に怒られてしまいました。


うちのもアスベストかしら、とお悩みの皆様。
こうなる前に、早めにご相談ください。

ガルバ銅板に生まれ変わった屋根です。


kiji1018_015.jpg

kiji1018_012.jpg


見事ですね〜!綺麗ですね〜!



やっぱり屋根は切妻が美しいです。





そこかしこでハロウィンムードが漂っていますね。
ハロウィンとはコスプレを楽しむマニアックなお祭りのようですが、
もともとは秋の収穫を祝い、災いを追い払うヨーロッパの民族行事です。
我が家にも子どもたちが「Trick of Treat!!」とお菓子をもらいにこないかなぁ〜と
お菓子とゾンビのお面を買ってみた国子ですが、誰もきてくれないとただのゾンビの待ちぼうけです・・・。


台風が去って、穏やかな秋晴れですが、また明日から台風22号がやってきます。
強風や雨に十分お気をつけくださいね。



国子


国実分校「宗教の時間」 2017:10:06:14:33:45



第3回目となる「宗教の時間」は「仏教」について学びました。
約15名のご参加があり、中には第1回のキリスト教から毎回参加してくださった方もいました。


今回お越しいただいた善光寺玉照院の山ノ井住職は天台宗のご僧侶で、
年齢は46歳、背筋が気持ちよくすっと伸びた長身のなんとも爽やかな方でした。
趣味はバックカントリースキーというスポーツマンで、「住職」=「怖そう、偉そう」
という私の偏見的イメージが一瞬で払拭されました。


2b7a37b3d9e4035b3edf8ac1848d58a1140f08a8.jpg

善光寺の始まり、宗派、そしてご本尊が秘仏とされる理由、本題である「仏教とは」について
軽快な心地よりリズムで語られる住職の言葉一つ一つは、宗教、宗派を超えて、
人がどう生きるべきかという根本を気づかされるものでした。


全員で3分間の「椅子座禅」を行い、無心になることの難しさも体験しました。


ENP8048_22140.jpg


無宗教が多い日本ですが、どの宗教を選ぶのか、または無宗教でいる選択するうえでもそれぞれをよく知った上で決めるのはとても大切なことなんですね。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。




ENP8043_22135.jpg



さて、以下は仏教について学んだ国子の感想です。
ご関心のある方はお読みいただければ幸いです。



物腰穏やかな語り口と冗談を交えながら、まずお話されたのは「なぜ仏教が生まれたのか」


「人が幸せになるため」


どのような宗教もつまるところ、これに尽きると思います。
その教えは、まず「幸せ」や「苦しみ」ってなんだろうと考えることから始まります。


・煩悩・・・・人には数珠の数108の煩悩があると言われています
・心の存在・・・喜怒哀楽に振り回されてしまうこと
・心と言動・・・心が良くなれば言葉も良くなる、逆も然りです


煩悩という欲と現実とのギャップに人間は苦しむわけです。
住職は人間ある程度の欲は必要で、人間なのだから欲はあって当たり前なのだとおっしゃいました。


ただ、それは自分に対する欲であるべきで、他人と比べて欲しがる欲はただの煩悩なんですね。
国子も昔に比べるとかなり物欲や食欲が減退しましたが、これが悟りなのか老化なのかは不明です。


そして、
・ありがたい(当たり前ではない)ことに気づくこと


1日の終わりに、今日もありがとうと手を合わせる。
朝夕に合掌し感謝する機会を持って、感謝の心をキープしていただきたいと話されました。


また、住職は毎朝、「お朝事」という朝のお勤めに365日中350日くらいいらっしゃるそうです。
その始まりの時間が善光寺のGoogleカレンダーに 10月1日は6時1分から、2日は6時2分から・・・と1分ずつずれていくのを見て、完全に入力ミスだと思っていました・・・。


冬期に向けて1分ずつ遅くなり、12月22日にはもっとも遅い7時からになります。
寒さに弱い国子は冬の朝7時に出かけるなんて夏の夜中3時に出かけるより辛いですが、
ご興味のある方は始まりの時間を確認してからお出かけくださいね。

他にもありがたいお話をたくさん聞いたのですが、
その響きからやけに耳に残った「六波羅蜜」
「ろっぱらみつ」と読むそうです。美味しそうな響きです。


六波羅蜜とは、


「与える」
「つつしむ」
「受け入れる」
「励む」
「心を落ち着かせる」
「これを全部守る」



これができたらなんて幸せなんだろう・・・。


名物住職で有名な南泉和尚の言葉を借りて、
「毎日昨日の自分よりティッシュ1枚分成長」していきたいものです。


国子

補修工事あれこれ その18 2017:10:03:10:50:49

「カーポートコンクリート舗装工事」


カーポートのコンクリート工事の下地作業の現場です。

kiji0920_006.jpg


井桁のようなこの鉄製の網目状のものは「メッシュ」と呼ばれ、
これを組み込んでからコンクリートを流し込むことでひび割れを防ぎます。


90cm×100cmに既製されたこのメッシュ。

kiji0920_007.jpg



使い道はこれだけではありません!


実はこれ、山間地では農作物の鹿対策に大活躍しています。
これを立てて、地面に打った杭に縛り付けると、あらもう鹿よけの完成。


安価で取り付け簡単とあって、売れて売れて困ってるようです。




「ナナオ」


今、国実でオスなのかメスなのか問題となっている「ナナオ」。
「ナナオ」はトタンを乗せる前に敷く防水紙です。

kiji0920_002.jpg


社内では「ナナオ24kg」や、「ナナオ16kg」という単語がしばしば出ますが、
これはナナオの体重の増減ではなく、防水紙の厚さを示しています。


厚みのあるナナオほど耐久性があり、杭を打った時の復元性も抜群です。
さらに上をいくナナオはなんとゴム製です。


ただ、しっかりしたものほどお値段も高くなるのは世の常です ・・・


・・・とりあえず「一番高いのちょうだい!」といったバブル期はすでに歴史となりました。


・・・高いものはいい(に違いない)という価値観も今の若者にはなくなりました。


ですが...やはりいいものは高いのです。




若者世代では不景気やファスト・ファッションの流行を背景に、ブランド離れが進んでいます。
代わって、「わたし視点」=自分が本当に好きなもの・質の良いもの、を重視するという傾向があるそうです。
いまどきの若者を見習って、お家のリフォームも「わたし視点」を大事にしたいものです。


国子

1

お問い合わせ

お問い合わせ

空き家情報

近隣の賃貸可能な空き家物件や土地を随時ご紹介します。

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

職育 住まいの教室

だれでも気軽にご参加いただける住まいの教室です。生活に役立つ知識と技術をプロが惜しみなく伝授いたします。

 

資料請求