まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

カテゴリー (今日の国実)

解体工事・アパートリフォーム・国実のリフォームさん・樋・庭木 2019:11:12:21:04:59

「解体工事が進んでいます」



台風被害で難航しておりました解体工事が進んでいます。




kunimi1108_005.jpgkunimi1108_004.jpgkunimi1108_006.jpg


長年この家を支え続けてくれた立派な梁が久しぶりの青空を見上げて、
最後のお別れをしているようです。





「アパートの内装リフォームが終了しました」



長年住んでおられた方が退去されたアパートの1室をリフォームしました。




クロスを剥がし、機械が入りました。


kunimi1108_014.jpgkunimi1108_013.jpg


この機械を使って、糊付けをしたクロスを職人が手際良く貼っていきます。


クロスを張り替え、フロアもピカピカに。明るいお部屋になりました。


kunimi1108_010.jpgkunimi1108_009.jpg


次は畳の表替えです。


kunimi1108_008.jpg


畳の表替えは日光によりすぐに変色してしまうので、カバーをしています。
次に入居される方に気持ちよくお入りいただけるための配慮も欠かせません。




「国実のリフォームさん②が完成間近となりました」



間も無く完工となる国実のリフォームさん②!!


その外壁、玄関をちょっとだけお見せします。


木の温もりが伝わってきそうな暖かい印象の外壁です。


kunimi1108_012.jpg


玄関も程よく日差しが入るすっきりとしたドアです。


kunimi1108_011.jpg


完成の全貌はまた掲載します。ぜひご覧ください。





「古くなった物置に樋をかけました」



足場を建てて樋を設置する工事が始まりました。




kunimi1108_001.jpg


樋がないと雨が降った時の跳ね返りで外壁の下部が傷んでしまいますし、土台が濡れシロアリが発生しやすくなるなどの危険があります。
古くなってもこの物置を大切に使っていこうとされる気持ちが伝わってきます。






「12年前の台風被害」




今回のように大きなニュースにはなりませんでしたが、12年前の台風でも軽井沢や内山では倒木や3日間も停電が続くといった被害がありました。


国実の近くでも倒木があり、その時の写真が出てきました。


kunimi1108_002.jpgkunimi1108_003.jpg


お地蔵さまでも道祖神でもなさそうな、なんというものか名前はわかりませんが、
この小さな石が倒木を食い止めてくれているように見えます。





「庭の整備」



草木が生い茂り、鬱蒼としてしまっていた庭の整備を行いました。




kunimi1108_007.jpg


神主にお祓いをしていただき、不要な木を切り倒し、抜根して整地します。
「難を転じる」南天、トゲのような葉が「邪気を退ける」柊、「代を譲る葉」として子孫繁栄のシンボルとしてのユズリハなど、庭木には願いをもって植えられているものも多いのです。

それでも手入れが行き届かず、気持ちよく住めなくなってしまったら本末転倒です。


想いを大切にしつつ、暮らしにあったお庭を考えていくことも大切なのですね。








タピオカが空前のブームですね。
そんなにタピオカが大好きというわけではないのですが、流行りに漏れず、数回飲んでみました。

そういえば、以前にもタピオカブームはあったのに、なぜ今また?という疑問をお持ちの方も多いかと思います。
なぜブームが再来したかと調べてみると、前回のブームはおよそ20年前。
今の若者が生まれる以前のことは「過ぎ去ったブーム」ではなくて、「体験したことのない新しいブーム」なんですね......納得です。
しかし、本当に美味しいもの、必要なものはブームではなくて日常食です。
つまりブームになるものというのは、そんなに愛されるものではないんじゃないかと流行りものには厳しい目を向けてしまう国子です。
そして早くもブームが去った国子の家では、2ヶ月前に買った「冷凍タピオカミルクティー」なるものが冷凍庫の奥底で眠っています...


国子


解体工事・出窓・外壁・屋根・エアコン 2019:10:30:08:32:03

「解体が進んで...」



...いなかったお宅の解体作業が再開しました。




kunimi1025_006.jpgkunimi1025_002.jpg


作業途中に台風19号に遭い、解体予定のブロック塀の3分の2が流されました。
川の近くで地盤も緩み、心配な中ですが遅れを取り戻すべく慎重に作業を進めています。





「出窓から掃き出し窓へ」



出窓を掃き出し窓へ改修する工事を行いました。




Before
ccc8b044ca5158046f7e0c69eef4fb50ce9122f9.jpg


After
kunimi1025_003.jpg


窓の大きさが変わることで、お部屋の使い道がぐんと変わります。





「外壁塗装、屋根のカバー工法工事が始まりました」



外壁と屋根のリフォームが始まりました。




kunimi1025_004.jpg


綺麗に見える外壁ですが、よく見てみるとあちこちのシーリング部分にヒビが入っていました。
シーリングは外壁の素材の間を埋める部分で、劣化に加え外壁の動きに耐えられなくなりヒビが入ってしまうということが起こります。
ヒビの入ってしまった箇所にはシーリングの打ち替え、打ち増しで補強します。



そして屋根のカバー工法です。
カバー工法は既存の屋根に防水紙を貼り、新しい屋根を被せるという工法です。
屋根をすべて剥がす必要もなく、外観を大きく変えずに行えるリフォームです。


ただ、屋根のカバー工法は、既存の屋根材が腐る前でないと施工が出来ません。既存屋根材が腐ってしまっては「葺き替え」という道しか残されていません。この度の台風で雨漏りなどの被害がありご心配なお宅は、そうなる前に一度ご相談ください。





「台風被害」



過日の台風19号の被害で多かったのが「雨漏り」です。




kunimi1025_001.jpg


屋根から漏れる雨漏りに加え、強い横殴りの雨で普段雨が入るような場所ではないところからも雨が入り雨漏りが起こったお宅もありました。


加えて床下、床上浸水、畳の張替えなど...
修理に飛んでいきたい気持ちは山々なのですが、依頼が多すぎて対応しきれないのが現状です。
逸る気持ちを抑えつつ、順次修理にお伺いいたします。


また、土砂崩れも心配ですが、まずは生活環境が第一です。
生活に直結しない危険箇所の工事はどうしても後回しになってしまいます。
そういう場所にはくれぐれも近づかないようにご注意ください。





「エアコン取り付け工事」



冬に備え、エアコンの取り付け工事依頼が殺到しています。




kunimi1025_005.jpg


昨年の記録的な寒さの影響を受け、寒冷地対応のエアコンに替える工事依頼がとても増えています。
...ただ、今回の台風で痛感したように、停電になると使えないというのが問題です...


災害時にはガスコンロを準備したりタンクに水を確保したり、できる限りの備えは必要ですが、ここで忘れてはならないのが「下水」です。
下水管が被害を受けてしまった地域では、どれだけ水を確保してもガスコンロで料理をしたくても、水を使うことができません。
文明の利器に頼りすぎている生活を再度見直さなくてはならない時代でもあるのかもしれません。



先日お伺いした、県外から佐久に移住されてきたお客様に、
「災害の少ない佐久市民の方は防災意識が薄い」とご指摘をいただきました。
今回の台風は、たいしたことにはならないだろうといった甘さは捨て、「命を守る」ことを最優先に行動しなければならないのだと改めて感じた出来事でした。


現在の国実の工事は被害に遭われたお宅の「生活環境の復旧」が第一優先です。
ますます人手が足りず、皆様にはご不便をおかけしております。
どうぞご理解、ご容赦ください。







つい先日も佐久市内では節水に協力してくださいといった放送が流れました。
佐久市の下水処理場が台風で浸水し、汚水の処理に支障が出ています。

一人あたり1日に使う水の量はなんと239リットル。

節水方法はこまめに水を止める、洗い物は汚れを拭き取ってから洗う、洗濯の回数を減らすなど。
トイレは毎回流さない、といった節水にはやはり抵抗がありますが、私たち一人一人にできることはまだまだありそうです。
水道の蛇口をひねる度にこの水の行先を心に留めていなければ、と手抜き料理ばかりが頭に浮かぶ国子です。


国子


マレットゴルフ大会・ガーデニングリフォーム・アパート改修・畳からフロアへ 2019:10:15:16:38:07

「第14回国実杯マレットゴルフ大会を開催しました」タ



台風接近前日の11日、第14回マレットゴルフ大会が開催されました。




kunimi1011_002.jpg


お客様の親睦を深めていただこうと始めた大会も今回で第14回を数えました!
台風を心配され数名のキャンセルがありましたが、それでも50名以上のマレットゴルファーが集い、熱い戦いが繰り広げられました。
雨風によるプレーへの影響が懸念されましたが、そこはやはり持っている国実。
お天気も味方してくれ無事、盛会のうちに終えることができました。


そして、優勝者の方には豪華なプレゼント!


kunimi1011_008.jpg


高齢化に伴い、年々ご参加いただくお客様の数も減ってきています。
新規のお客様のご参加もお待ちしております!




「ガーデニングリフォーム完成」



暑さの中、工事を進めていましたガーデニングリフォームが完成しました。




kunimi1011_001.jpg


庭と家庭菜園にしっかりと境が作られ、導線もスムーズです。


kunimi1011_009.jpg


庭で遊ぶ子どもたちの様子を眺めながら畑仕事なんて最高な休日になりそうですね。
仕事で忙しいサラリーマンの休日の楽しみが「畑仕事」という長野ならではの趣味をお持ちの方も少なくありません。
家庭菜園での息抜きが日々の糧になれば、心にも体にも良いことづくしですね。




「アパートの改修工事が始まりました」



アパートの一室をリフォームする工事が始まりました。




長年住んでおられた居住者が退去し、一室をリフォームする工事が始まりました。
クロス、畳、床の貼り替えに加え、割れてしまったこのガラス...


kunimi1011_006.jpgkunimi1011_005.jpg


網入りガラスの見積もりをとって、その値段の高さにびっくりしました...!
防火性に優れ、飛散しない網入りガラス。
ワイヤー入りなので、強度もあるかと思いきやそれは普通のガラスとあまり変わりがないそうです。
今回の台風で網入りガラスをとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、値段は大きく変わりますのでよくご検討ください。




「軽井沢別荘からの眺め」



リフォーム工事のお見積もりのご依頼を受けた別荘からの眺めです。




kunimi1011_004.jpg


秋晴れの空に浅間山が美しいです。
別荘の写真を撮るのも忘れ、(ちゃんと撮りました!)

カメラを外に向けてしまうほど美しい眺めでした。







「畳からフロアへ改修工事」



畳からフロアへの改修工事が始まります。




kunimi1011_007.jpg


一家に一間はと以前はどのお宅にも作られた畳の和室でしたが、
お掃除やお手入れ、湿気や防虫対策、さらには色あせや家具の型が残る心配など...
様々な面からフロアにするお宅が増えています。
フロアでお掃除を楽にしたい人、そうは言っても畳でゴロンをするのが好きな人とそれぞれです。
生活スタイルに合わせて、より住みやすいお家に向けてリフォームが始まっています。








畳派とフローリング派はどっちが多いのだろうと、インターネットで検索してみました。
すると、やはり同じ疑問を持つ人はいるようで、あなたはどっち派ですか?という問いに対する意見サイトは......途中から炎上していました。
つまるところ、理由は人それぞれで、「自分はどっち派」だけでいいのです。
もちろん国子は迷うことなくお掃除が楽な「フロア派」です。

国子

浴室・出窓改修・新築 2019:10:09:14:57:06

「タイルのお風呂改修工事」



新しいお風呂が完成しました!




Before
f0f73aafb0520cb05b51bd8c7b691d78533c17dc.jpg

After

4497526d2ebe51eaff3f50a4d87525f7245ad8e7.jpg


とても大切に使われてきたタイル貼りのお風呂を解体し、新しいお風呂が完成しました。


趣はずいぶんと変わりましたが、こちらも雰囲気のある素敵なお風呂に仕上がりました。
また、お掃除の手間や暖かさという面でも十分その良さを実感していただけること間違いないしです。






「新築の後ろ姿を少しだけお見せします」



引き渡しの迫った新築の後ろ姿です。




kunimi1004_006.jpg


シックな外壁が美しいですね。
その全貌はまもなくお見せします!






「国実のリフォームさん②」



お風呂の組み立てが終わりました。




kunimi1004_003.jpg


いよいよ生活感が出てきました!
大掛かりなリフォームも、着々と工事が進んでいます。





「出窓改修工事」



出窓部分を掃き出し窓に改修中です。




Before
kunimi1004_002.jpg


Now

kunimi1004_004.jpg


開放的なお部屋になりました。
今回のように出窓を掃き出しにする工事や、逆に掃き出しを小さくする工事まで、生活にあった窓の用途も大きさもそれぞれです。
そう考えながらいろんな窓を見ていると、用途に加え風通しや陽当たり、さらに防犯や防寒、
インテリア性など、よく考えられていて、「窓」は奥が深いです。






「新築に向けて、解体工事が始まりました」



kunimi1004_001.jpg


完成までの模様を随時お伝えしてまいります。
Before Afterをどうぞお楽しみに!







年に一度の健康診断を受けてきました。
なんどやっても胃カメラというものには慣れず、診察台の上で頭に浮かぶのは
子どもの頃絵本で見た、お腹がパンパンに膨らんだカエルです。


また、逆に慣れというのは困ったもので、前日の夜9時以降は何も食べてはいけないという
のに、気がつくとついコーヒーを淹れようとしていたり、子どもの朝ごはんの残りをつまもうと
していたり...


苦しい検査ですが、お腹パンパンのカエル状態の時に背中をさすってくれる
中年の女性の看護師さんは、まさに「白衣の天使」でした。


国子


リフォームさん・タイル浴室・謎のロゴ 2019:10:01:16:43:59

「国実のリフォームさん①」



キッチンが入りました!



kunimi0927_004.jpgkunimi0927_003.jpg


新しいお家の匂いが画像からも漂ってくるようです。


また、破風板金と外壁ができあがり、やっと足場が外されます。

kunimi0927_002.jpg


いよいよ完成間近です。




「国実のリフォームさん②」



床暖のパネルが貼られました。



kunimi0927_008.jpg


長野の冬の救世主、「床暖」です。
暖かい冬に向けて、着々と工事が進んでいます。





「浴室、洗面所の改修工事が始まりました」



タイル張りの浴室の解体工事が始まりました。




kunimi0927_007.jpgkunimi0927_006.jpg


タイルが好きで、とても綺麗に使ってこられたお風呂ですが、床を剥がしてみると、
土台が腐食していました...


タイル張りの浴室はタイル間のお手入れが大変で、冷たそうというイメージがありますが、
好きな人にとってはとても魅力的なのだそうです。
魅力の一つはなんと言ってもその「質感」と組み合わせ自由な「オリジナリティの高さ」。
キッチンやバスルームに加えてリビングまでタイル貼りにしてしまうタイル愛好家もいるそうです。


長年大切に使われてきたこのタイル貼りの浴室がどのように生まれ変わるのか、
完成をどうぞお楽しみに!




「謎のロゴ」



なんのロゴかおわかりでしょうか。




kunimi0927_005.jpg

これはリフォームの際に移動が必要になり運送会社から求められた「ピアノの品番、製品番号」です。
「メーカー製品番号」と言われてもそれがどこにあるなんなのか、探すのに苦労しました。
アップライトピアノは上の板をあげたフレームの右上に記されています。


ピアノの移動はとてもデリケートなものです。
運送会社も品番、製品番号をきちんと確認し、大切に運んでいるのですね。
ちなみに運送料金も製品によって異なります。
正確に伝えるようにしましょう。







10月に入り、あちらこちらの小学校で遠足や見学シーズンですね。
毎日の方はそうでもないことですが、遠足といえば大変なのがお弁当です。
キャラ弁などというものが流行り出してから、不器用な国子は朝5時起きでお弁当作りです。
お弁当といって思い出すのは、国子が小学生の頃、お弁当持参の日であることを
母に伝え忘れ、朝慌てて「今日、お弁当の日だった!」と大急ぎで作ってくれた
母のお弁当です。
ご飯に卵焼きにウインナー、ちくわ巻き、ととてもシンプルなお弁当でしたが、
朝の忙しい中、目の前で手際よく「お弁当」が出来上がっていった光景を今でも覚えています。


自分の子どもに「今日、お弁当だった!」などと言われたら間違いなく激怒です。
そこで冷静にお弁当を仕上げられる日はまだまだ遠いです...


国子

トイレ交換・空き家管理・フェンス・フロア改修 2019:09:25:10:43:10

「トイレ交換工事」



最新のトイレに交換しました!




タンクが窓からの光を遮っていたちょっと閉塞感のあるトイレでした。

kunimi0920_022.jpg


タンクがなくなり窓側もすっきりと、開放的な空間になりました。

kuinimi092-_015.jpg



落ち着いた木目調のクロスが良い感じにリラックスさせてくれますね。




「フェンスを設置しました」



裏のお宅が物置を取り壊し、丸見えになってしまいました...




開放感とともにやはり気恥ずかしさが...
そこで目隠しのフェンスを設置しました。


kunimi0920_005.jpgkunimi0920_007.jpg


秋晴れの気持ちの良い日には思い切り窓を開けたいものです。
これで秋の爽やかな空気を取り入れることができますね。





「和室をフロアへ改修工事」



2間の和室をフロアに改修しています。




kunimi0920_001.jpg


畳を外し、廊下とフラットに。
束を新しくし、コンパネを貼っているところです。
kunimi0920_003.jpgkunimi0920_004.jpg


床下にはウレタン断熱材を入れ、暖かく広々とした空間に生まれ変わります。
狭い部屋を締め切ってストーブで暖めて...といった環境がなくなり、
日常の運動量も増えそうです。

これから内装、サッシを断熱効果の高いインプラスへの交換と工事は続きます。
頭に跡が残るほどハチマキをきつく締めて頑張っている職人ですが、
今は猫の手も借りたい状況です...




「空き家管理」



庭木の手入れをしました。




亡くなられたお父様の家を管理されている娘さんからの依頼で空き家の管理を行っています。
お庭の伸び放題になってしまった雑草の除去や、桑の木の手入れをしました。


kunimi0920_021.jpg
kunimi0920_019.jpg


養蚕が盛んだった頃にはなくてはならなかった桑の木ですが、これが今やとてもやっかいなんです...
切っても切っても伸びてくるとても生命力の強い樹木で根が深く、根絶するのは簡単ではありません。
今回は思いきって切り倒し切り株に薬を入れ、芽をふかないよう作業を行いました。


kunimi0920_020.jpg


大切に守りたいお父様のお家ですが、人の住んでいない家の劣化は早いものです...
空気の入れ替え、お庭の手入れなど、空き家の管理にお困りの方はご相談ください。






「空き家のリフォーム」



空き家のリフォームを行っています。




こちらもご両親がなくなり、空き家になってしまったお宅。
使わなくなった小屋を解体し、更地にしました。


kunimi0920_018.jpgkunimi0920_017.jpgkunimi0920_016.jpg


また古くなったお風呂をリフォーム中です。
kunimi0920_002.jpg
ba4e8cc4f3e8e5a586c46739953f0cccf5511c36.jpg


時々、実家に戻り、親戚が集える場所になるといいですね。






日本の負の遺産ともいえる「空き家事情」。本当に深刻です。
なぜ日本人は新築一戸建て住宅にこだわるのか。
その理由のひとつには中古物件の魅力が欧米に比べると乏しいからだともいえるそうです。
ある統計によると中古住宅の取引割合は、

   日  本 13.1%
   アメリカ 77.6%
   イギリス 88.8%
   フランス 66.4%

と日本がダントツ低いのです。
確かに欧米の古い家は歴史や風格があり、やっぱり魅力的ですが、
日本家屋には日本の風土に合った良さというものがあります。
古民家を使い勝手よくリフォームして暮らしているお宅を見ると、本当に素敵だなと感じます。

...そうはいう国子ですが、極度の怖がりな性格ゆえに、欧米日本を問わず「広くて古い家」には絶対に住めません。


国子

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。

 

資料請求