まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

補修工事あれこれ その24  配線 下水道 フレキ管 2017:12:13:14:51:46

「タコ足配線ならぬ・・・」


kiji1208_007.jpg



・・・・・ 。 





kiji1208_004.jpg



こんな感じのイメージでしょうか。



本格的な冬が始まり、冬季の電気代を跳ね上げさせる凍結防止帯の出番がやってまいりました。


あの管この管と防止帯を巻いていくとこんな配線になってしまう・・・
仕方のないことです。


ただ、コンセントがたくさんあるがゆえの差し忘れにご注意ください。




「下水管 〜100分の2勾配のワケ〜」


10年前のチラシを見てお電話くださったO様邸の下水管工事が始まりました。

kiji1208_005.jpg


これまで汲み取り式だったトイレも晴れて水洗トイレになります。

そこで下水管を地下に埋め、下水を処理場へ送ることになるのですが、下水管は100分の2勾配、配管1mあたり2cm下がると決められています。
それ以下でもそれ以上でもトイレに流された固形物が流れていかないのだそうです。


そうは言っても頻度も大きさも人それぞれだし、絶対詰まるでしょう!?と半信半疑の国子でしたが、これまで下水管が詰まった例はないのだそうです。
100分の2勾配は計算され尽くした数値なんですね。


そして長年お世話になったこちらの汲み取り式浄化槽もお役御免となりました。


kiji1208_006.jpg








「このチェーンはなんでしょう?」


kiji1208_003.jpg


盗難防止?ではありません。
このところ増えてきた壁掛けボイラーの地震対策です。
大掃除をしながら、お宅の周りでも落下の危険がないか見回りしてみてくださいね。




「フレキ管」


フレキ管とはステンレス製の器具と水道管をつなぐ
フレキシブルに曲げることのできる画期的な配管です。

kiji1208_001.jpg

kiji1208_002.jpg

ボイラー、湯沸かし、便器など限られたスペースで大活躍。

こういったモノにも組織にも人にも「フレキシブルさ」が求められているんですね。






そう。配管も心も折れないために、フレキシブルにいきたいモノです。


国子

お問い合わせ

お問い合わせ

空き家情報

近隣の賃貸可能な空き家物件や土地を随時ご紹介します。

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

職育 住まいの教室

だれでも気軽にご参加いただける住まいの教室です。生活に役立つ知識と技術をプロが惜しみなく伝授いたします。

 

資料請求