まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

カテゴリー (今日の国実)

補修工事あれこれ その12 2017:07:10:11:03:21

「最強の塗装ーUV塗装ー」


昔の家では無垢の床材を使うのは当たり前でしたが、
その中にもランクがありました。

そして縁側といえばさくら、みたいなベストマッチが昔はあったんですね。

でも汚れてしまって・・・あの頃の輝きを取り戻したい・・・
というさくら好き、物の大切さを知っている方にオススメの工法がUVコーティングです!!


UVコーティングとは紫外線照射機という特殊な機材を使って瞬時に硬化させるコーティングです。
https://www.woodtec.co.jp/products/coordinate/gallery/


UV硬化による硬化率の高さによって高い耐久性があり、特徴は"濡れたような深い光沢"!!


kiji0705_010.jpg


写真では伝えきれないこのもどかしさ・・・


だってもうピッカピッカなんです!



「大胆リフォームN様邸」


なんとも大胆なリフォームのご依頼をいただいたこちらのお宅。
1,2階の床を全部張り替え、ついでに湿気対策、太陽光発電床暖房、etc...
もう大変な工事です。


床板を全部剥がしました
kiji0705_009.jpgkiji0705_008.jpg

また、こちらの奥様が一流志向でいらして、


床は無垢のプレミアムフロアー、


キッチンはタカラのクリスタル天板、


ついでにボイラーを撤去し、エコキュートへ。


kiji0705_005.jpg



・・・そんな調子で選ばれるものがすごい!の一言。

職人は1日に1時間は掃除機をかけています。
大変です・・・。いえ、当然です。
奥様はお家が大好きで、とても大切にしているんです。


次から次へと溢れ出る奥様のお家への愛情。
そのお気持ちに応えるべく、国実も全力です!!



「御代田Y様邸」

先日、お風呂場の土台腐食の修理が終わり、ユニットバスが入りました。


お次は屋外のボイラー回りの工事です。


見事な配管ハイウェイ18号が完成しました。
kiji0705_004.jpg


キッチンも設置完了です。
窓を小さくして隣に作った収納棚も使い勝手が良さそうです。


kiji0705_002.jpg


奥様もたいへん喜んでおりました。


洗面台も元あった場所に設置完了です。


kiji0705_003.jpg


よく見ると・・・
奥の窓はこれから交換ですか?
真新しいピカピカの洗面台とはいかにも対象的です。


そんな真逆の立ち位置でも


「古いですけど何か?」


窓の強い自己主張を感じます。


リフォームではよくあることですが、
どこまでやるか。その線引きが難しいんですね。

なんでも新しくしてしまうのは簡単です。
古いものを大切に、その良さを見出し、どう使い続けていくか。
あぁ。諫言耳に痛し、言うは易し、です・・・。



「続・2世帯住居に向けてーH様邸」


2回部分改修が終わり、中はクリーニングを残すのみ。
現在、外壁のサイディング真っ只中です。


kiji0705_006.jpg

もうすぐ帰ってくる息子さん夫婦を万全の体制でお迎えします。
かわいい孫が帰ってくるとおばあちゃんも大喜びです。




「S様邸外壁工事」

外壁のサッシ周りの塗装が終わり、完成しました。


kiji0705_007.jpg


すっかりお色直しをして、見違えるほど美しくなりました。



「ボイラーの交換をしました」


今年に入って19台目のボイラー交換をしました。


kiji0705_001.jpg


この先15年間は安心、快適にお使いいただけます。


今回で19台目、トータル285年分の
安心、快適を皆様にお届けすることができました。



さぁ、折り返し地点を過ぎましたが、
目標の500年まで、あと・・・先は長いです。



いよいよ夏本番ですね。
先日、友人に誘われ流しそうめんをしました。
外国人の友人に「なんでそうめん流すの?」と非常に純粋な疑問を投げかけられ、
未だに答えを見つけられずにいます・・・

「アウトドアならまだしも、なぜ家で日本人はわざわざそうめんを流して食べるのか」

答えをご存知の方は教えてください。


国子



改修工事の気になるその後 2017:07:05:10:43:24

「テングス効果その2」

とあるお寺の軒下です。


kiji0629_001.jpgkiji0629.jpg


ツバメの巣や糞の被害にお悩みでした。
高さもあるので、ツバメの巣の駆除も大変です。
そこで、軒下にテングスを張り巡らせてみました。


ツバメは縁起のよい鳥、吉をもたらす鳥とされており、
"ツバメが巣をかける家は栄える"などといわれています。
とくに屋内や座敷などに巣を作るのは最高によいことだとされ、
逆に、ツバメは不幸とか火災などが起こる家には入ってこないといわれています。
『日本人の縁起とジンクス』(北嶋広敏著 PHP文庫 2007年)


・・・だそうですが、屋内や座敷に作られたらたまったものではありません。
ツバメが選んだ場所だから不幸や災害はなさそうだな、と一安心したら、
早々にテングスでお引き取りいただきましょう。


「御代田町Y様邸キッチン・風呂改修工事」

先日お風呂場の土台を補修する工事から始まったこちらのお宅。


浴室が完成しました!
kiji0629_005.jpg


明るくて広々としていて気持ちよくお風呂に入れそうです。


お次はキッチンです。
kiji0629_002.jpg


9尺あった出窓部分を6尺にし、残りの部分を収納にしました。
完成が楽しみです。



「外壁・屋根改修工事完工しました」


kiji0629_003.jpg


外壁のサイディングと屋根の張り替え工事が終わり、
新築の様に美しい姿になりました。


「ノブチのおかげ」


先日ノブチの写真でご案内しましたこちらのキッチン。
82b2e4b99c93617cac8c601bc762ffb18e47b70d.jpg


ノブチのおかげで高さや幅、使い勝手抜群のキッチンが入りました。


kiji0629_004.jpg




「電気温水器」

もうあまり見かけなくなった「電気温水器」
*電気の熱で水をお湯にするものでエコキュートとは仕組みが違います。

kiji0629_006.jpg

これまでキッチンでは電子レンジの台としてもその役目を果たしていましたが、
ご覧のように目の前を通るチューブ、複雑な水栓操作・・・
扱いにくいのでなんとかしたい、とのご相談がありました。


さてさて、結果はいかに・・・



「車止めポール」


地盤の液状化現象ではありません・・・


kiji0011.jpg


トラックが衝突し、アスファルトごと盛り上げられてしまいました。


道路のそこここで見かけるこのポール。
簡単に抜けないように地下60cmまで埋まっているんです。


簡単に抜けるようであれば、ここまでのアスファルトの被害はなかったのでしょうが、
歩行者の安全を守るためです!

歩行者の安全のため、3日で修復しました!

kiji0629_007.jpg



最近紫蘇ジュースをいただき、毎日飲んでいます。
実は紫蘇がたくさんできたから農家の方が苦肉の策で作ったんだろうなぁ、
くらいに思っていた紫蘇ジュース。
実はすごい効能があるそうです。
夏バテ防止・食欲促進、便秘解消、シミ予防・美肌効果、更年期の婦人病予防です。
年中食欲のある国子にこれ以上の食欲促進は必要ありませんが、体に嬉しいことばかりです。


国子

補修工事あれこれ その11 2017:06:27:13:54:57

「デッキと屋根」

屋根とデッキの改修工事が終わりました。
足場のおかげで無事完工しました。


6da0a812bc04bc3010bc4161908f55359a367a0c.jpgd90841296a6e3c300fafeb83450eb8d23f1cd5d1.jpg

これからの季節、外で気持ちよく過ごせそうですね。


「テングス効果」


「アンテナにカラスが来て、糞の害がひどいのでアンテナを移動したい」とのご相談を
受けました。
アンテナを移動する工事を行う前に、こちらをお試しいただきました。

kiji0621_018.jpg
アンテナにテングスを張り、鳥が止まれない様にするというものです。


これが効果抜群!!


カラスや鳩の糞にお悩みのみなさま、どんな場所にもテングスを張りに伺います!




「南相木村H様邸 その4」

アプローチ、手すりが完成しました。
相談に相談を重ねた擬木とステンレスの手すりがアプローチにつきました。

kiji0621_013.jpgkiji0621_014.jpg


そこから玄関までの小道も綺麗に舗装されました。
合併浄化槽から始まったあれもこれも、のコンビニ改修がゴールを迎えました。


「鉄柱、太陽熱温水器撤去」


庭の使われていない鉄柱、屋根の上の使われなくなった太陽熱温水器。。。

kiji0621_001.jpgkiji0621_019.jpg


そのままにしておけば風景と化してその存在も意識しなくなるものですが、
ここはひとつ庭も屋根も綺麗にしました!


kiji0621_015.jpgkiji0621_017.jpg




「次から次へ」


キッチンの足元が冷える、とご相談を受けこの冬に向けて
床下に断熱材を入れる改修工事を行いました。
床を張り替え、見違えるように綺麗になりました。


すると、壁と天井の汚れが気になります。


壁と天井のクロスを張り替えました。

すると、今度はせっかく綺麗になったキッチンにひとつ
汚れた調理台が・・・


この際、新しいシステムキッチンに入れ替えることになりました。
綺麗にすればするほど、汚れた部分が目立ってしまうものなんですね。
間も無くピカピカのキッチンの完成です。



「御代田町○様邸お風呂工事」


古くなったお風呂の改修工事が着工しました。
床下の柱は長年の湿気で腐り、こんな状態になっていました。


kiji0621_006.jpg


まずは柱の補強工事から始まります。




「棚柱」


勝手口脇に棚柱を設置しました。

kiji0621_010.jpg


デッドスペースの活用法として使われるこの棚柱。
棚の高さを自由に調節できる上、棚の数を増やしたり減らしたりも簡単です。


「インプラス」


防音、断熱に優れたインプラス(今ある窓の内側に、もう一つ窓を取付けて二重サッシにするインナーサッシ)を設置しました。


kiji0621_007.jpg


こちらのお宅では和紙調格子のインプラスで障子の様に違和感なくお部屋に馴染み、
永久に張り替えは要りません!



「外壁工事」
工事車両がぶつかって(※我が社の車両ではありません)
破損したブロック塀の改修工事です。


kiji0621_003.jpg

壊れたブロック部分だけを改修すれば良いはずが・・・


このブロック塀はすでにヒビ割れなどで解体しており、絡まった蔦のおかげで持ちこたえていたのでした。

結局全面を壊して作り直しました。
kiji0621_004.jpgkiji0621_005.jpg




「廊下に収納」


お部屋側の壁一面に作り付けの棚があったこのお宅。
背面の廊下側に収納を作りたいとのご依頼を受け、改修工事に入ると・・・


前回のブログで紹介しました、壁の中の力もち「筋交い」がありました。
これを取ってしまっては大変です。


そこで、壁半面の筋交いを補強しもう半面の筋交いを撤去することで、
無事廊下側に収納を作ることができました。
kiji0621_009.jpgkiji0621_008.jpg


お客様とお家と、国実と。
常に三者懇談を行いながらリフォームを行っています。


「大人の遠足」


6月の国実分校、大人の遠足は佐久市塚原にあります
与志本プレカットセンター様へお邪魔しました。
kiji0621_016.jpg


ここでは建物の基盤となる柱の加工を、機械で行っている工場です。
柱の加工といえば、これまでは職人さんが図面に基づいて一本一本寸法を測り、
ぴったりと組み合わさるように削る正に職人技。

それがここでは多関節ロボットの採用により、様々な加工形状が実現できるというのです。


人工知能の素晴らしさとさらなる進歩に想いを馳せると同時に
今後の職人さんの技術存続が危惧される遠足となりました。



珈琲好きの国子はだいたい豆をひいてあるものを買ってくるのですが、うっかり豆のまま買ってきてしまったことがありました。
返品しようかと思っていたところ、5歳の娘が手動のミルで、珈琲の香りがくさいと言いながら一生懸命豆をひいてくれました。

手間も時間もいらない便利な世の中になってきました。
そこで得た時間を何に使うか、なんですね。

国子

補修工事あれこれ その10 2017:06:21:16:02:00

「壁の中の力もち」


kiji0616_008.jpg


この写真の斜めに入っている木材を「すじかい」といいます。
すじかいのおかげで家が地震に強くなります。


このすじかい、リフォームでお部屋を広くしたいがために
取り外したりすることはできません。


健康な歯を無理やり抜いてしまうくらい危険なのです。
リフォーム設計の際には、壁の中の構造までしっかり予測してプランを立てます。


「床下の変化」


床下の四角いコンクリート製品を「束石・つかいし」といいます。
その上に金属の鋼が乗せてあり、これを鋼製束といいます。


昔は「束」と呼ばれる木製のものしかありませんでした。
地面からの微妙な高さを全て測ってひとつひとつを削って作っていました。

コンクリート製品になってもそれは同じことでした。



今はコレ!!

kiji0616_007.jpg


それが、この鋼製束はネジを回して高さの調整ができるのです。
とても便利になりました。




「外塀改修工事」


経年劣化に夜今にも崩れ落ちそうなブロック塀


kiji_nakamura.jpg


なんとかしたい!!と改修工事の依頼がありました。


kiji0616_003.jpg


高さをブロック2つ分にし、以前に比べて日当たりも眺めもよくなり
何より災害時にも安心です。


奥様がとても喜んでいらっしゃいました。




「南相木村H様邸その3」


合併浄化槽から玄関アプローチ、階段など様々なご依頼をいただきました
南相木のH様邸が最後の仕上げである手すりの設置に入りました。


なるべく自然素材を使いたいという娘さんからのご要望だったのですが・・・
自然素材を屋外で使用するとやはり劣化は避けられません。


そこで、柱は擬木(気に似せた樹脂材)、手すりは最大限の譲歩をいただいて
ステンレスに決まりました。

kiji0616_002.jpg

ゴールまであとわずかです!



「アスベストからガルバリウム鋼板屋根へ」


アスベストの屋根を取り壊し、新しい屋根のふきかえが終わりました。
アンテナも元の場所に戻りました。


kiji0616_005.jpg

「どうだ、オレの屋根。きれいだろ?」
そんなお声が聞こえてきそうです。


「アスベスト」と聞くと、あぁなんか体に悪そう・・・。解体工事も大丈夫なの?と心配になりますよね。


そこで、当社のアスベストの処分法をご紹介します。



アスベストの処分法は法定通りに行います。


1 屋根→屋根をそのまま取り外し、慎重に下に降ろしブルーシートに包みます。
kiji0616_014.jpg


2 運搬→専用のシートで包み直し、運搬します。
d04850eb2a0d6242415ebe28b534f7abe062c8fc.jpg2e459bd0d847a58e27d575e8d06a97f629af821c.jpg


3 運搬車両の荷台にさらにシートをかけ処分場へ運びます。
kiji0616_004.jpg


欠け、飛散のないように、女性に接するように大事に大切に扱います。
女性を粗末に扱うと飛散はしませんが、悲惨な事態が生じます。


アスベスト屋根でお悩みの皆様、当社のふきかえ工事は万全です!



「土蔵改修工事」


前回のとあるお宅の土蔵改修工事の様子をご覧になったというお客様から
「うちの土蔵も同じようにして欲しい」と依頼がありました。


土のくずれ、はがれた箇所を土で補修してほしいとのことでした。
左官さん秘密の場所から土を入手。

3回目の土を塗り終えた状態です。


kiji0616_012.jpg


この後、当社でサイディング工事を行い、バッチリお色直しとなります。


完成お写真はしばらくお待ち下さい。お楽しみに!




きちんと丁寧な仕事には気の遠くなる様な細かい作業がたくさんあります。
私の叔母は紅茶が大好きで、忙しい朝でもカップを温め、ゆっくりを香りを楽しみながら
紅茶を入れ・・・


しばしば飲むのを忘れて出かけていきます・・・




国子

2017:06:16:13:25:25

「大地のおくりもの」展


臼田文子さんによる創作フラフト展《大地のおくりもの》展が
6月10日をもちまして終了いたしました。
期間中、256名の方にご来場いただきました。

bc59573712845f20c016518a907153bcd1e8a5df.jpg


臼田さん、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。




「30年越しの大改修」


社長が30年前に新築の際に関わらせていただいたこの佐久穂のS様邸。
お風呂、リビング、キッチンの大改修中です。


お風呂のリフォームが終わりました
kiji0609_010.jpg


合わせて洗面台も新しいものに交換し、30年越しのお色直しをしました。




「されど洗面台」


kiji0609_002.jpg


長年のご使用の末、割れてしまった洗面ボール...
(洗面台の白い鉢の部分は洗面ボール、または手洗い鉢というそうです)


新しい洗面化粧台に交換するか迷いに迷い・・・
やはり長年使い慣れたこの洗面ボールが良い、ということで
洗面ボールの型を作成し、焼くこと2ヶ月。


同じ形の洗面ボールが出来上がりました。
これほどの思い入れを持って使ってもらえたら洗面ボールも本望というものです。


『佐久市N事務所改修工事」


kiji0609_006.jpg

佐久市にある事務所の屋根と外壁のサイディング工事に着工しました。
まずはもうみなさまご存知の「足場」を組み立てます。


しっかり丁寧な仕事をするための足場、完工まで職人さんたちの安全を守ってくれます。


「南相木村H様邸その2」

前回、下水道と浄化槽の工事の模様をお伝えしましたH様邸は
現在、アプローチと階段のリフォームに取り掛かっております。


kiji0609_003.jpg


このお宅には100歳になるおばあちゃんがいらっしゃり、安全面を考慮して
玄関までの緩やかなアプローチを作りました。


また、庭先から目の前の畑までの段差に枕木とブロックで階段を作っています。

kiji0609_001.jpg


一瞬、100歳のおばあちゃんのために畑までの階段??と思いましたが、
こちらのおばあちゃん、毎日畑に出ているそうです!お元気ですね!


この後、アプローチに手すりをつけて、国実特有の複合工事も間もなく完了です。


これからも怪我のないよう畑仕事を楽しんでください。





「佐久市S様邸床暖シート」


以前にもご紹介いたしましたこの「床暖シート」、その上に床材を貼るだけという
優れものです。

kiji0609_004.jpg


しかし、せっかくの熱も下からの寒さを遮断しなければ熱は分散してしまいます。


床暖シート、床材をしっかり張った後、床下に潜って断熱ウレタン素材を吹き付け、完成です。
この冬から足元ボカポカ生活が始まりますね。


「絨毯」


キッチン、廊下に絨毯を貼りました。

kiji0609_008.jpg
フローリングが一般的となった昨今、絨毯の廊下はホテルか結婚式場くらいでしか
見かけなくなりました。

このお宅には杖を使われるおじいちゃんがいらして、杖の先が滑らないようにと
転んだ時用の対策としての絨毯です。

おじいちゃんのお好みのグリーンで爽やかな印象に仕上がりました。




「高齢者対策」

佐久市のK様邸の玄関です。
こちらのお宅では郵便受けが屋外にあり、冬の寒い時期など外に出ることなく
郵便物が受け取れるようにとの息子さんの配慮でポストの改修を行いました。


kiji0609_005.jpg


これでお部屋の中から郵便物が受け取れます。

息子さんの心配りが嬉しいですね。




祖父の家の郵便受けは外の門に作りつけられており、ポストがいっぱいになると
そのまま内側から真下の池に落ちる仕組みになっていました。

その仕組みの理由はわかりませんが、配達の方がたいへんだろうと道路にできるだけ近いところ
へ設置しようというこれも心配りですね。
高齢になったら家の中でも受け取れるように、若いうちは池から拾うくらいのズクがなくてはダメだということです。

国子


補修工事あれこれ その9 2017:06:08:14:22:44


「H様邸2階改修工事」


2世帯同居に向けて2階部分を改修中のH様邸です。


ノキ天が張り上がりました

kiji0602_002.jpg


2階の床下に断熱材のグラスウールをひき、さらに遮音ボードを張ります

kiji0602_003.jpg


同居ゆえの音に対する気遣い、こちらも気が抜けません。




「急勾配の屋根からの夕日」


屋根改修のため、足場を掛けた屋根上からの眺めです。


e2a028458a66c33a6c8ba93d4194f4c0029662ef.jpg


かなりの勾配です。ちょっと足がすくんでしまいますね...


職人さんはそんな余裕もなく作業に励み、ふと手を休めて空をみると...

kiji0602_001.jpg


思わず見とれてしまう屋根の上からの夕日です。




「佐久穂S様邸大改修工事・近況報告」


お風呂場の解体が終わり、新しいお風呂の組み立てに入りました。


kiji0602_005.jpg


また、キッチンでは野縁ができました。


kiji0602_004.jpg

ノブチ?あまり聞きなれない言葉ですよね。
これは新しいキッチンを設置する前の位置決めに重要な行程です。
この野縁でキッチンの配置、高さなど、実際にご覧いただき実物を設置します。
重要な行程ではありますが、手間もかかる作業なためここまでするリフォーム会社は
おそらく国実くらいのものでしょう。

まぁでまていですよね。




「キッチン、お風呂改修工事」


依頼主様が入院され、急遽10日余りでの完成を無茶ぶり...いえ、ご依頼を受けたキッチン、
お風呂の改修工事。


見事期限の5月31日に完成し、お引渡しとなりました。

Before Afterをご覧ください。


a75e5179462c524ed69f40b56d619d3a142ea5f7.jpgkiji0602_006.jpg


なんということでしょう。

どんな無茶な依頼もお引き受け・・・できるわけではありませんが、
国実は常にお客様ファーストでございます!




「食品庫完成しました!」


先日、ご紹介しましたあのヨーグルトケーキのとても美味しい奥様待望の食品庫が完成しました。


海外では各家庭に食品庫やキッチンに隣接した納戸があるのが一般的で、
アパートでさえ納戸がついていることが多いです。

どうりで、海外ではシリアルの箱や缶詰も日本では考えられないほど大きいのも納得です。
納戸や食品庫があればコストコの大人買いももう怖くありません。

こちらの奥様は美味しい漬物や野菜の貯蔵庫として活用してくださることでしょう。



「シロアリ消毒」


美味しいヨーグルトケーキのお話の後に大変恐縮です。
下駄箱の辺りからシロアリが出るというご連絡をいただき、早速レスキューに向かいました。
下駄箱を動かしてみると・・・※閲覧注意



9fb4eb83d95d405d43edb5bbdda3efafcf95afc9.jpg




早速消毒を行い、シロアリを駆除します。


こんな小さな生体で家を破壊するとは脅威ですね。


ではシロアリはなぜ発生するのでしょう。
一般的に築年数とシロアリ被害件数は比例すると言われていますが、
築30年経っても被害にあわないお宅もあれば、築半年でシロアリが出るお宅もあります。

シロアリは地中のどこにでもいますので、大切なのはその侵入口を塞ぐことです。
壁のヒビ割れ、や結露の多い場所をチェックしてみてくださいね。




「働かないアリに意義がある」という本をご存知ですか?
アリの集団にも働かないアリがいて、働くアリだけを集めるとその中の何割かは
働かないアリになるという研究結果は衝撃でした。


「みんなが疲れると社会は続かない」


・・・自分の存在意義をほんの少し肯定された気がしました。

国子

前の6件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。

 

資料請求