まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

カテゴリー (今日の国実)

手すり 洗面シャワー 屋外水栓工事 2019:03:13:20:39:30

「手すり」


とあるお宅の裏へとつづく急な通路...

82c069f09bd7abaf1e9a23c575c1fa371e1ec49a.jpg


雨や雪ですべりやすくなるこの通路は横が石壁になっており、転んで落ちたりしたら大変です。
そこで、手すりを設置しました。


IMG_9173.jpg

人生100年時代を健康にそして安心して過ごすための安全意識の高まりといえます。




「床の新素材」


s_DSC01082.jpg


KRONOTEXジャパンから購入できるこの新しい床材は接着剤も釘もつかわない環境にやさしいフローリング建材です。
しかも耐久性に優れ、床暖対応、シックハウスの心配もないという文句なしのフローリング!
ドイツを中心とした欧州で生産され、いまや世界中で使われるようになりました。


s_DSC01097-616x462.jpg


張り替えに適したこの床材が注目されるのは、長寿によって家に長く住むことになり、ゆえに家を手入れしながらともに年を重ねていく「家の長寿社会」でもあるんですね。
選択肢の一つとして張り替えの際はぜひご検討ください。




「風除室の段差」


IMG_9330.jpg


風除室を設置したことで新しい入り口のレール部分が高くなり、表との段差が大きくなってしまったため外にもう一つ階段を設置しました。
もちろんズレないようにしっかりと固定。
寒さ対策、安全対策、すべてが整って完工となりました。




「洗面台のシャワー取り替え工事」


長年使われてきた洗面台のシャワーヘッドとホースを新しい物に取り替えました。
「朝シャン」などという言葉が流行りだしたころから使われてきたと思われるこのシャワー。
長年の労をねぎらうばかりです。

20190219154337.jpg


ホースが中に収まりスッキリとした洗面台に。


image6.jpeg

まだまだ「朝シャン」に活躍してくれそうです。



「屋外水道取り替え工事」




屋外の水道が不凍栓の閉め忘れで水道管が破裂してしまいました...

8f50461babd0bea43e41dde2e5358ec930446b3b.jpeg

未だに不凍栓は閉めて、蛇口は開けて...とどっちがどうだかよくわからなくなってしまうことがあるのですが、
新しい屋外水道は見た目もおしゃれで不凍栓はカチッと回すだけ!

今度の冬は閉め忘れを防ぐことができますね。





手すりといえば、なぜエスカレーターの手すりってステップより速度が速くなっているのかご存知ですか?
階段に疲れてエスカレーターに乗り、ちょっと肘でもついて一息したいところを手すりだけがどんどん先にいってしまいイラっとした経験もある国子ですが、その理由は「エスカレーターの下側に転ばないため」だそうです。
つまり上りエスカレーターの手すりはステップより速く、下りでは遅くなっているというわけです。「どうせ転ぶなら被害を最小限に転んでいただきたい」という設計者の思いやりなんですね。

潔癖性で電車の吊革やエスカレーターの手すりにつかまれない、という方もいらっしゃるようですが、安全のため、しっかり手すりにつかまり、しっかり手洗いをしましょう。


国子


外壁サイディング・風除室 2019:03:04:16:05:08

「外壁サイディング」


kunimi0301_003.jpg


築年数を重ね、あちこち痛みが出てきた外壁のサイディングを行いました。
金属製のスパンサイディングでおしゃれにお化粧直しをして、
別の家のように生まれ変わりました。


kunimi0301_005.jpg


外壁に合わせて玄関も変え、もうすぐ完成です。




「風除室」

kunimi0301_001.jpg


玄関前の道が狭く、風の通り道となって冬には冷たい風が吹き込む玄関...
玄関のガラス部分も凍ってしまい、その結露も大変でした。


そこで今回は玄関に「風除室」をつくりました。
玄関周りのR字型の外壁がこれまた曲者ですが、ここはさすが職人技!
アーチに合わせて納めよく仕上がりました。


kunimi0301_004.jpg


また、風除室の引き戸のレール部分の敷居が高くなってしまったので、後日もう一段階段を作り、段差を少なくしました。
寒さだけでなく、安全面への対策も忘れません!




「工事始まります!」


85歳になる依頼主様宅の外壁塗装工事が始まります。


kunimi0301_002.jpg


こちらのお宅は、なんと総ヒノキ!
しかも無節の木曽ヒノキを使ったというとてもこだわりを持って建てられたお宅です。
とても大切に住んでおられますが、30年たつとさすがに外壁にも傷みが出てきます...
85歳になられてもこの家を守ろうと塗装を決断されました。
お家への深い愛情を感じます。





どんなに大切に使っても物は傷みます。
国子はドラえもんの道具で何がほしい?と聞かれたら迷わず「タイムふろしき」と答えるのですが、そんな道具があったら家の外壁も毛玉だらけのセーターもあっという間に新品に!
しかし、ドラえもんの便利な道具が本当にあったらあっという間に日本の経済は崩壊するだろうな、と夢見る子どもではいられないのが悲しい現実です。


国子

ご来場お礼 2019:02:27:05:07:54

水廻り相談会へのご来場ありがとうございました。



2月21日に開催されました「水廻りの相談会@タカラ佐久平ショールーム」にはたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

ご相談いただきましたお宅へは順次見積もりを持ってお伺いいたします。


815bb76671b46a4aa48306b1532112ba6b401b2e.jpeg


株式会社  国実

100歳まで住まう家 2019:02:20:20:27:13

      「100歳まで住まう家」

       


      99034e9faac01205c07774cfc4452e4bdf20e0af.jpg


      人生100年という言葉を耳にすることが多くなりました。
      長生きしたい、という希望もこめた表現ですが、現実的に80、90歳は当たり前の社会になるのではないでしょうか。
      しかし、「健康な」長寿でなければ意味がありません。


      そんな高齢化社会に向けて最近見直されているのが健康を維持するための住まい環境です。

      住宅内で不慮の事故でなくなる方は交通事故でなくなる方の2.6倍の年間13000人!
      いかに事故を防ぎ、環境に配慮した住まいが大切かがわかります。


      5つの環境要素(温度、光、風、空気、動線)を見直すことが長寿社会への第一歩となるかと思います。

      健康長寿に向けて大いなる決断をしたおばあちゃんの事例です。



      Hさん(85歳)
      佐久市在住
      モルタル2階建
      築40年


      =POINT=

       

      *  2階建てを平屋へ減築
      *  既存の仏壇を魂抜きをし、リビングスペースに場所を取らない壁掛けに。
        ヒノキ材を使用し扉は和紙を貼った落ち着いた仕上がりに。
      *  キッチンは対面、調理器具はIHを使用。幅を小さめにして横に収納を作りました。
      *  クローゼットは奥行きを洋服がかかる程度に狭くし、空間スペースを広くしました。
         布団はたくさんいらいので、奥行き三尺の押入れは一箇所に。
      *  玄関サッシ、掃き出しサッシは再利用。ホールと寝室の壁は漆喰に仕上げました。
      *  お風呂はヒートショックを防ぐ浴室暖房。
        ランニングコストを考えて5回路にわけて各部屋に床暖を設置しました。



      日々不便を感じていた古い家屋も安心、安全な家になりました。

      詳しくはコチラ↓
      国実通信129号 掲載






      祖父の家には昔ながらの落ちたらただではすまない程の急な階段があり、
      これまでよく誰も落ちたことがないものだと思うのですが、急だからこそ人は落ちないように
      一歩一歩気をつけるものなんですね。
      それに対して実家は270度回転する比較的安全な階段なのですが、この階段から転げ落ちたことは一度や二度ではありません。
      「安全そうに見えて気を抜く階段」が一番危険なのではと後頭部で痛感しました。


      国子

臭突ある風景 2019:01:16:14:46:16

臭突のある風景

こちらのお写真をご覧ください。

ぼっとん便所にはよくある装置の「臭突」という換気を行うための煙突になります。
こちらのお宅では、すでに使っていなかったトイレに付いていた臭突を撤去することになり、
こうした装置もぼっとん便所の象徴としての意味をなくし、
水洗便所へと変わっていくのでした。
皆さんの周りにも、昔はあったけども今ない風景はありますか?



RIMG0065.JPG


必死の救出劇 2019:01:16:09:37:25

野外灯油タンクのノズル交換SOSです。

こちらのノズルは灯油タンクに取り付けられていた古いノズルになります。
今回、灯油が満タンだったためノズル交換に手こずってしまいましたが、 機転を利かせて対応することができました。
さてさてどのような方法でノズル交換したかといいますと、

7f76e8cff521da721ddd2caad1b0fe46712f5e6f.jpg


IMG_1140.jpg

2枚目の画像のように、①の上部にある空気が入る穴という穴をテープで塞いで、灯油が流れ出る勢いをできるだけ止めます。

そうすることで、下部のノズルを取り外すことで多少こぼれることはあっても、最小限の漏れで済むことができるのです。




bb66991b2d75f07bc20cfaceed8fba895e350522.jpg

「いっせーの」でノズルを交換して無事に最短の時間で交換することができました。

時間がかかりお客様に請求するよりも、こちらのほうがスピーディーに取り付けることができ負担もかかりません。

前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。

 

資料請求