まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

カテゴリー (今日の国実)

2018年年の瀬 2018:12:26:22:52:50


2018年も残すところあとわずかとなりました。
今年のベストセラー1位となった『漫画 君たちはどう生きるか』を読み切れるほどの
皆様の貴重なお時間をさいて今日の国実をお読みいただき、誠にありがとうございました。


今年最後の今日の国実はこちらから。




「減築工事」

家の工事といえば増築ばかりではないんですね。
高齢化、耐震への意識の高さから家を減築される方も増えています。

4aff267870dc6fd10d0d98dbc37c5e7f6628b959.jpg

こちらは築40年になろうかというお宅です。
2階部分はもう使わない、高齢化に伴い階段の上り下りが危険、地震の時に心配...
といった理由から平家に減築しました。

IMG_7954.jpgIMG_7957.jpg

使わない部屋だって埃は溜まるものです。
大掃除のスペースも減り、過ごしやすい空間が出来上がりました。



「腐ったウッドデッキ」

20181205_144126.jpgRIMG0229.JPG


玄関周りのウッドデッキが腐り、今や主流となりつつあるハードウッドのセランガンバツ材で新しく作り直しました。

e76698e8e1283f77fd541b604503de54b1c6ecf1.jpegb90ad46495f28330346c7646b83dbc79baa3fbd5.JPG7e4730556fbf4ac0cebc11bb2227f61e3a73aa8e.JPG


これがお肌だったら悲鳴をあげそうなほどの雨風、日光にさらされ、
どうしても劣化の避けられないウッドデッキ...


耐久年数をのばすには丈夫な素材を選ぶしかありません。
しかもメンテナンスフリーで水のかかるような条件の悪い場所でも耐久年数は15年〜20年!
シロアリ、菌にも強いと言われています。
劣化はさけられないとはいえ、やはり木の風合いというのはいいものです。


「新築基礎工事が始まりました」


・・・工事の模様は新年が明けましてからお伝えしてまいります。


どうぞお楽しみに!





1937年に出版された吉野源三郎の名作が漫画化されたと聞き、さっそく読んでみました。
漫画になったとはいえ相変わらず小難しい内容ですが、わかったことは80年前も今も、
大人も子どもも生きていく中で誰もが持つであろう悩みというのは変わらないんだなぁということでした。
日々つまらないことで悩むこともある国子ですが、持ち前の忘れっぽさが幸いしそれが長続きすることはありません。
ただ、その忘れっぽさが肝心なときに災いしないよう自分の記憶力は信用しない、と誓った年の瀬でした。

古民家改修  2018:12:07:15:49:47

「りんごの里 古民家改修 最終章」


師走に入り世間はすっかりクリスマスモードに染まってまいりました。
今日の国実は、お待たせいたしました!7ヶ月を費やしたりんごの里古民家改修。
ついに完成しましたその全貌をご覧ください。


_SUG4095_29680.jpg



ステンドグラス
_SUG4243_29824.jpg

こちらはステンドグラスの制作・教室を手がける「ガラス工房 あき」様の作品。
幅2mはあるこの大作はりんごをイメージした丸い模様が施されています。
モノクロが基調となる古民家に華やかさが加わり、なんとも風景に溶け込んでいます。


IMG_4113.JPG

他にもトイレの窓や壁に埋め込まれたステンドグラスが和洋折衷を見事に表現しています。




掻き落とし

_SUG4175_29759.jpg_SUG4174_29758.jpg

そして暖炉脇の壁には「掻き落とし」という技法が使われています。


円以外の部分を掻き落とし、ひびを際立たせるという職人技です。
この壁の泥は左官職人さんが愛知県まで高速を飛ばし、手に入れたものです。
壁のひびを見つけたらレスキューせずにはいられない国実ですが、
こういうひびの楽しみ方もあるんですね。




昭和のガラス
_SUG4164_29749.jpg


取り壊そうかと悩んだこちらのガラス戸。
もはやこのガラス戸以外に考えられないほどお宅にマッチしています。
今はもう作られてはいない昭和風レトロガラスは実はマニアの間では高値で取引されるほど。
オーダーメイドで標準のガラスに塗料で加工してゆらぎを出したものも販売されているそうです。
いつまでも大切に使ってくださいね。



暖炉

_SUG4137_29722.jpg


これだけ広い空間と高い天井にはやはり暖炉です。
暖炉の設置と壁、床の暖房には町の補助金が適用されました。
この空間で暖炉の火を見ながらのんびりした時間を過ごすなんてそれはもう至福の一時でしょう。




キッチン

_SUG4198_29782.jpg

広々としたアイランドキッチンはお客様を呼んでホームパーティをする際にも大活躍しそうです。
キッチンに明かりを取り入れるこの窓はクリアガラスでここから浅間山がよく見えます。
周りがリンゴ畑なので外からの目を気にすることなく絶景を眺めることができます。

DJI_0021.jpg


なんとも贅沢ですね。
上空から完成した古民家を撮影するドローンをスマホで撮影するお茶目な家主様でした。笑




天井

_SUG4128_29713.jpg


シーリングファンのライトがおしゃれな天井には大きな梁が見えていました。
これが落ちてきたら...と恐怖すら感じるほどの立派な梁でしたが、その恐怖感ゆえに天井をはり隠すことにしました。


ちなみにこのシーリングファンの正しい使い方は皆様ご存じでしょうか。
なんとなく上部の暖まった空気を下に送る、というイメージでいましたが、実は逆なんです!
下から冷たい空気を持ち上げることで暖かい空気を下に送るというシステム。
つまり羽を上向きに回すのが冬場の正しい使い方です。
ぜひお宅のシーリングファンの向きを確認してみてください。
見た目もおしゃれなシーリングファンは実用的な上に、
静かな室内にゆったりとした動きがあるというのはなぜか落ち着くものですね。





外壁

_SUG4287_29865.jpg


やはり美しい漆喰ですが、サイディングと貼りわけをしています。
大きな外壁部分はサイディングを貼り、妻の部分は職人が漆喰を塗りました。
国実はこれから末永く使っていただけるよう外壁の痛み具合、将来性、利便性を考慮し、
最適な資材をご提案しています。


また、屋根はそのままですが、雪止めが錆びて老朽化していたため交換を提案しました。
せっかく美しく生まれ変わった古民家を、プランに入っていないからと錆びた雪止めをそのままにしておくのは心苦しく、
おせっかいではございますが、お客様と一緒になって仕上がりにご満足いただけるまでとことんお付き合いさせていただきました。




生まれ変わった古民家でこれからどんな時間が流れていくのか楽しみです。







風邪が流行始めましたね。
国子もそこまで馬鹿ではなかったらしく見事に風邪をひきました。
今年の風邪はとにかく咳に悩まされました。朝夕問わず止まらない咳は一日約800回
一回咳をすると2キロカロリーのエネルギーを消費するそうで800回咳をすると1600キロカロリーを消費します。
約13時間の散歩と同じ消費カロリーです。

咳ダイエットにはなりますが、そんなものより安眠第一の国子です...


補修工事あれこれ その30 はぜかけ小屋 モルタル骨材 土蔵改修 2018:11:08:22:05:33


「朝の風景」


11月に入り朝晩すっかり寒くなりました。
高台にある国実分校からの朝の風景です。
霧もやの上に山々が顔を出すなんとも幻想的な景色はまるで水彩画のようです。

kjji001.jpgc48048d80e2aa7dfadf4e647526cd8566a68a3f3.jpg



「モルタル骨材入り拭き取り仕上げ」


コンクリートじゃ味気ないし、タイルだとしつこいし、天然石はちょっと高い...
玄関先などの敷石は見た目も大事なので悩むところですよね。
IMG-8478.jpgIMG-8477.jpg

こちらはモルタルに石を混ぜて上部を研ぎ出した「モルタル骨材入り拭き取り仕上げ」で佐久市の中澤左官さんによるもの。
まだ27才という若さでありながら全国技能五輪で金賞を受賞した敏腕左官さんです。


安価で品の良いものをという過酷な条件に創意と工夫で応えた左官屋さんの技術の賜物です。



「五層ガラス」

IMG_2374.jpg

テクノロジーの塊ともいえるなんと五層ガラスのサッシです。
断熱性を追求した日本の窓はどこまで厚くなるのでしょうか...


ただ、機密性の高さから高冷地ではガラスが割れてしまう...という課題も残されています。
さらに窓の厚さに比例して開け閉めする相当の腕力も必要になるため筋トレという課題も出てくるかもしれません。


政府が2020年までに標準的な住宅にすると目標を掲げている「ZEH」
「創エネ・省エネ・高断熱」住宅で消費エネルギーを減らし、
なんなら自分で電力をつくり、地球への環境負荷を低減しようという取り組みが始まっています。
世界基準のドイツと比較するとまだまだ足元にも及ばないという日本の省エネ住宅。
試行段階ではありますが、遠くない将来木製の玄関ドアや木製サッシが標準という時代がくるでしょう。


「25年ぶりの」

IMG_7721.jpgIMG_7722.jpg


真新しいはぜかけ小屋。(またははぜ小屋というのだそう)
今ははぜかけをする農家さんも少なくなり、このはぜかけ小屋も撤去される一方。
そんな中、25年ぶりにはぜかけ小屋を作って欲しいとの依頼がありました!

鉄骨屋さんもその作り方も忘れてしまいそうなはぜかけ小屋。


いつまでもはぜかけをしたおいしいお米を作ってほしいです。



「りんごの里から」

IMG_7940.jpgIMG_7646.jpg

古民家改修もいよいよ大詰めとなり壁に大きなステンドガラスが入りました。
イメージはやはりリンゴでしょうか。


完成が楽しみです。




「土蔵改修」

IMG_7939.jpgIMG_7938.jpg

こちらも佳境に入りました土蔵の改修工事。
紅葉と秋の空に真っ白い壁が美しいです。



「西妻神の家」

RIMG0003.JPG
間も無く完成する御宅の地下の様子です。

もうすぐ全貌がお披露目されます。



■国実分校イベント■


「選べるマッサージ×ヘルシーランチ」

IMG-8494.jpg


日時:11月27〜28日  am10:00~ / am12:00~ / pm2:00~
場所:国実分校 カフェスペース


ciel etoileシエル エトワールさんによるアロマテラピーとタイ式マッサージ
ランチとハーブティーがついてお得にお楽しみいただけます。
アロマテラピーにはいい香りでなんだかリラックスする、という気分的なものはもちろんですが精油の香りが大脳辺縁系という脳の一部に作用し、精神の緊張緩和や体調を整えるという効果があります。


日頃がんばっている自分へのご褒美にいかがでしょうか。





*ciel etoile*お問い合わせ
Gmail: ciel25etoile@gmail.com
または
facebook messenger: http://m.me/moteki25

手仕事の文化祭〜報告第一弾〜 2018:10:29:22:31:10

手仕事の文化祭


9月29日に佐久市市民創練センターにて国実主催による「手仕事の文化祭」が開催されました。
台風が迫る雨の中、420組、約1,000名の方にご来場いただき、大盛況のうちに終えることができました。
お足元の悪い中お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
皆様に喜んでいただき、本業そっちのけで準備に勤しんだ甲斐がありました。(←冗談です。本業もしっかりやりました!)


文化祭が盛況のうちに終わり、まさに「祭りのあと」の虚脱感からやっと抜け出し、
後回しにしていた雑務を終え、やっとブログに取り掛かるまでに回復しました。

久々の投稿は文化祭で好評だった職人技ライブワークショップ等の様子をお届けいたします。





■職人技ライブ■




「瓦職人による技能コンテストの実演!」

79411008d6b7a55b23e846c4fd8db6c6f67b2a46.jpg

職人さんの背中からも瓦に対する愛情がうかがえます。
間近で見ることのできない素晴らしい実演でした。

我が家に帰ってしみじみと屋根を見上げてみたくなりました。



「女性銭湯絵師 田中みずきさんによるパフォーマンス」

7b488d5da0a27f03087861cf0b13478a53d5a80b.jpg
49e7519e96a2937e432932ab9af81ff738f9f9c6.jpg


いつか行ったあの温泉の富士山も田中さんの手によるものだったのかもしれません。



「左官職人によるモニュメント創作」

3f4a84b9dc373780d5cef92135ca9d8e6653e76f.jpg


2011年技能五輪全国大会金賞受賞の左官職人お二人によるモニュメント創作!
その技術、鏝さばきは圧巻でした!



「上田千曲高校建築家生徒と現役大工さんのガチンコ勝負!!」

e9154686cc505f97516dc2e00ac365c09c0910b0.jpg
442dfe4c7208d227c5332e11e4994c999dddd26b.jpg

結果は...現役大工さんの圧勝となりましたが、高校生の腕もなかなか。
将来が楽しみです!




■ワークショップ■



「チョークアート」

26519e5c2e0c7e4083d034ac33dac653299804e3.jpg

近年ブームとなっているチョークアート。これでお部屋もおしゃれなカフェスタイルに。



「ヴァイオリン作成」

2f81dc7e15a500b599345233100918e502e9df0d.jpg

自分で作ったヴァイオリンにはストラディバリウス以上の価値があるはず...



「組子」

5bf7cd33b19d8623473d26d4c3803321158615d3.jpg


釘を使わずに木を組み付ける組子。これはもうまさに「芸術」です。



「ミシン」

c8cbfebe71c267bcfda04e3ec9f37126ae68e31c.jpg

多彩な機能を搭載し進化を続けているミシン。
手ぬぐい2枚でかわいいキャップを作りました。


ちなみに日本にミシンが初上陸したのは1854年、ペリー2度目の来航の時と言われています。
歴史の教科書には必ず出てくるペリーの黒船にはミシンも積まれていたんですね。



「ステンドグラス」

f6e91ce147cec3244d23f24a182a1136ddd6e7af.jpg

個性あふれるランプが出来上がりました。
光を通して初めてその美しさが現れるステンドグラス。ステンドグラスを通した光の影もまた幻想的です。



「紙すき」

eaa4c55a0dbec47b670e897e5fee08cfa61643ef.jpg

お子さんも参加して毎日使っている「紙」がどのように作られているのかを学びました。



「創作パッチワーク」

5f0b1192d0e92db2a89a04425bf5c25dd8c32222.jpg
染めて織った布を使って額飾りを作りました。



「機織り」

74e243969b57aade4d2f520e72eb966599666ff0.jpg


とても根気のいる作業ですが、小さな男の子が黙々と機織りをする姿が印象的でした。




■敏腕重機運転士による建設重機の運転操作技能大会!■


そして野外で行われました敏腕重機運転士10名による建設重機の運転操作技能大会!


d5dff94a1cfb6cf8247f72e026c0e9ab51197c69.jpg4f4f5e5742c49fbbc615da1422a3946f37aafeda.jpg

重機を操作してのお絵描き、迷路、風船割り、スラロームの4競技で技を競いました!
20代の若手運転士も上位に入り、今後のさらなる技術の向上が期待されます!


また、来年はもっと難しい種目に挑戦したい、腕も磨ける、と嬉しい感想をいただきました。



まだまだ内容もりだくさんで楽しんでいただいた文化祭。
次回は「五感クイズに挑戦!」、未来の友達「ロボット交流広場」の模様をお伝えします。


どうぞお楽しみに!

国実カフェ 7月ランチのご案内 2018:06:28:22:50:22


国実カフェ 7月のランチメニュー

夏野菜がおいしい季節になりました。
7月の国実ランチのご紹介です。


IMG-7914.jpg


OPEN 10:00 〜 15:00

PRICE 800 円


****MENU***************************

* 枝豆とじゃこの混ぜご飯
* 白身魚の胡麻ソテー はちみつソース  夏野菜添え
* トマトシチュー
* デザート
* コーヒー

***********************************************


お気軽にお越しください。


補修工事あれこれ その29 配管 卓球場 古民家 2018:06:13:23:17:40


「配管のつまりレスキュー」

洗面台の配管が詰まってしまったとのレスキュー要請があり、行ってみると...


3e6b415d8d7ad324044142ef9e1cb245d734e3a2.jpg


アイブロウペンシルが出てきました。


洗面台でのメイク中、配管に向かってメッシ顔負けのスーパーゴール!
優秀なゴールキパーが必要です。




「工場を卓球場へ」

工場の1階を卓球場へ生まれ変わらせるべく最初に取り掛かったのは「トイレ」。
床のコンクリートを壊し、その下に配管工事を行い再びコンクリートを敷きます。


IMG-7760.jpg


コンビニ業界でもトイレはサービスの一環となった昨今、トイレがあるから行くという人は少なくてもトイレがないから行かないという人は少なくありません。


人の集う場にはまずトイレ、です。


次に2階へ登る外階段を屋内へ。


IMG-7761.jpg


2階の床をぶち抜き、安全快適な内階段が出来上がります。
2階は地域の人や卓球を終えてくつろげるコミュニティスペースとして開放予定です。


社長のプレー姿も間もなく公開です。
目指すは東京オリンピック!


オリンピック史上最高齢優勝となるか!?



「床下ウレタン吹き付け」


定年を迎えた60代のご夫婦の「定年後の生活を快適に過ごせる我が家」へのリフォームが始まりました。
まずは寒さに悩まされていた床下のウレタン吹き付け工事から。

IMG_5001.jpgIMG_5861.jpg


これで隙間風を完全シャットアウト。断熱効果抜群です。

また、場所をとっていた仏壇を収納式にするため、柱一本分スペースを大きくしました。

_SAT4876_26621.jpg


これでお部屋もすっきり広くなります。その下には亡くなったお母様の桐のタンスを埋め込みます。


すっかり古びてしまった桐のタンスでしたが、長野市の山崎屋木工さんにお願いして、
美しく生まれ変わりました。
その全貌をどうぞお楽しみに!



そして・・・
今回の依頼をご縁に株式会社山崎屋木工製作所様に研修に行ってまいりました!

IMG_5827.jpg


さすが木工製作所だけあって、社屋の内装は木のぬくもりを感じる素晴らしいコーディネート!
木製の家具もステキなものばかりでした。

IMG_5811.jpgIMG_5814.jpgIMG_5815.jpgIMG_5831.jpg


そしてなんといっても山崎屋木工さんのイチオシは「ウッドサッシ」。
木製サッシの企画から製造、販売までを手がけています。
機能、性能とも世界トップレベルといわれるドイツの木製サッシ。
断熱性能は厚さ0.1mの木の壁と150mの厚さのアルミに匹敵するそうです。
すべてオーダーメイドで快適性、省エネ性とエコロジカルな空間を作り出します。



近年注目されているドイツのパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅、「パッシブハウス」。
簡単にいうと、冷暖房を設備で補うのではなく、家そのものの性能をあげて省エネルギー化しようというもの。


その基準とはこの規模の住宅で地球環境に影響を与えないエネルギーの消費量はこのくらいまで、というとても厳しいものです。
日本の古い住宅のように隙間だらけの部屋で冷暖房をガンガンたく、なんていうのはご法度です。


様々な技術が進歩する中でも世界最高基準に30年遅れているという日本の住宅...
アルミに比べると高額にはなりますが、その性能の高さから日本でもこの木製サッシの需要が高まりそうです。


また、導入されている一台ウン百万という機械で精密にカッティングされた製品には目を見張りました。

IMG_5820.jpgIMG_5821.jpgIMG_5837.jpg


それにしても木の空間とはなんでこんなに落ち着くのでしょうか。

山崎屋木工さま、ありがとうございました。




「門柱補修工事」


劣化し土台から浮いてしまった門柱の補修工事を行いました。

P1070017.jpgP1070016.jpg


土台をコンクリートでしっかり固定し、傷んだ部分を板金で補修しました。


IMG_2443.jpgIMG_2444.jpg


木の門扉はあまり見かけなくなりましたが、補修され昔ながらの威厳のある佇まいを取り戻しました。




「合併浄化槽」


工場の合併浄化槽設置工事を行いました。


これまでは男性従業員ばかりでトイレは半水洗式、社長もそれほどトイレへのこだわりはなかったこちらの工場についに女性従業員がやってきたのです!!
たった一人の女性従業員のために水洗式トイレにしようと社長が動きました!
下水道の通っていない地域では施設毎に汚水と雑排水を一緒に溜めて浄化する合併浄化槽の設置が必要です。
今回は5人槽の大きさのものを埋め込みました。

重量のある浄化槽が沈まないようにしっかりとコンクリートで土台を作ります。
IMG_5734.jpg


蓋の部分もしっかり固定。

IMG_5750.jpg


これで晴れて水洗トイレ、「あなたのために作った水洗トイレ」のおかげでこの女性従業員もプレッシャー...いえ、感謝の気持ちを持ちながら気持ち良くお仕事をしていかれることでしょう。




■「シリーズ 古民家をカフェに〜解体現場〜」■

りんごの里の古民家改修工事いよいよスタートです!


奥様がずっと留守を守ってこられたりんご農家。
ご主人の定年を機に、これからは私がりんご畑を守るからと実家の古民家を改装し、カフェをオープンするという奥様の長年の夢へと一歩動き出しました。

その一部始終をシリーズでご紹介いたします。


今回はその解体現場から。


IMG_5796.jpg


壁は泥壁とよばれる小舞壁。

小舞壁とは小舞竹を格子状に添わせて縄で組み、壁土を塗って最後にしっくりなどで仕上げる伝統的な構法で造られた壁です。
壁を一枚一枚竹で組んで作るとはなんとも気の遠くなる作業です。
この伝統的な構法も、いまでは職人さんも少なくなりなまこ壁同様絶滅の危機に瀕しています。


天井を取り払い吹き抜けに。


IMG_5844.jpg


なんとも開放的でカフェらしくなってきました。

さらに床を剥がすと堀炬燵が。


IMG_5883.jpg


今ほど快適ではなかった時代で、小さな炬燵に皆が肩を寄せ合って暖をとっていたここにはどんな暮らしがあったのだろうと快適さとひきかえに失ったものの大きさを考えながら...


そうはいっても古民家カフェのオープンが待ちきれないミーハーな国子です。

前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ