まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

手仕事の文化祭3


9月29日に佐久市市民創練センターにて行われました国実主催による「手仕事の文化祭」。
内容盛りだくさん、お伝えしたいご報告も盛りだくさんでとうとう第3弾!
最終回となります今回は「D.I.Y.広場」、「まさにこれこそ未来の手仕事」、そして「健康と命の手仕事」の模様をお伝えします。
9月29日は市内では運動会が予定されていた小学校もありましたが、あいにくの雨でテンションが気圧と同様急降下した子どもたちへの代替イベントとして参加していただいたご家族も多く、「D.I.Y.広場」では気をとり直した子どもたちが工作に興じる微笑ましい場面も見られました。


また、夏の猛暑から気温がぐっと下がり体調に不安を覚える方も多かったのか、「健康と命の手仕事」ブースでは健康チェックに長蛇の列ができるほど!
お年寄りから小さなお子様まで頭も心も体も満足した時間を過ごしていただきました。


■まさにこれこそ未来の手仕事■

「3Dプリンター」

!cid_165eb008dde122e96632.jpg

話題の3Dプリンター。
小型の住宅模型からこんなものも作れちゃいます。

IMG-8418.jpg




「レーザー加工機」

!cid_165eb007d62da7dc4ee1.jpg

レーザーでアクリルを精密にカットしたり、木に文字を刻んだりとすごい技術を持っています。




■D.I.Y.広場■

「新聞バッグ」

CIMG4578.JPG

ちょっとした差し上げものにこんなおしゃれな袋を使うとさりげないおもてなしになりますね。
それにしても同じ新聞でもどうして英字というだけでおしゃれに見えてしまうのでしょうか。
人間の目にはシンプルで整っているものが綺麗=おしゃれと映るのだとか。ひらがな、漢字、カタカナと入り混じった日本語の新聞よりアルファベットだけの英字新聞の方がおしゃれに見えるのにはそんな理由があるようです。




「昔懐かしい理科の椅子」

CIMG458.jpg

SAT_5298_2751.jpg

玄関先や部屋のちょっとしたスペースのあると便利な昔懐かしい理科室の椅子。
毎日使える実用的な椅子が出来上がりました。




「ピンクの女性専用ミニ工具」


f65e37179f16504025fcc5dcf9f86cb9d2b09566.jpg

いまやD.I.Y.は休日のお父さんだけのものではありません。
こんなかわいい工具があればテンションもあがりますね。


「収納BOX」

IMG_745.jpgTES_2339_2778.jpg

目的にぴったりなオリジナル収納ボックスができました。


「工作マルシェ」

IMG_74.jpgIMG_744.jpg


実用的なものから素敵なインテリアまで、木片などを使って思い思いの作品ができました。




「似顔絵」

TES_2316_2776.jpg!cid_2CB5A18E-3409-4EF3-9975-276789D4ED83.jpg


今話題のミギワンさんによる似顔絵コーナーも大人気!
特徴を捉えたかわいらしい似顔絵に自分のチャームポイントを見直すこともできるかも。



■健康と命の手仕事■

「救命措置講習・AED実演」

TES_2460_27897.JPGTES_2453_2789.jpg

佐久消防署署員による救命措置講習とAEDの使い方を実演していただきました。
ステージの上での講習は今までやったことがない...とやや戸惑う署員の方に参加者も加わって、いつ自分にもその時がくるかもしれないと皆さん真剣な面持ちで臨みました。




「骨密度、歩き方講習」


くろさわ病院職員による骨密度測定と体に測定機器をつけて歩行チェックを行いました。
毎日適度な運動をすることが骨密度を高く保つ秘訣です。それが難しい方には1日5分の片足立ちでも効果があるそうです。

TES_2319_2776.jpg

walking_04.jpg

1日5分の片足立ち、たかが10分、されど10分...健康維持に忍耐はつきものです。
歩行チェックは自分の歩き方のくせを画像で診断し、歩き方から見直していくのですが、
どうも海外の方に比べると日本人は腰痛が多いというのはその歩き方にあるようです。
海外のモデルがランウェイを歩くようなイメージで散歩してみてはいかがでしょうか。



「トレーニング・テーピング指導、超音波診断」

サニー鍼灸整骨院によるトレーニング・テーピング指導と超音波で骨関節の筋肉量を測定しました。
寒いと関節が痛むとお悩み参加者の方に、痛みを楽にするテーピング指導は大好評でした!


TES_2420_27862.JPG



佐久消防署署員の皆様、くろさわ病院職員の皆様、サニー治療院の皆様、ありがとうございました。


こうして準備に数ヶ月、国実社員の疲労もマックス、報告も3弾に及ぶ充実した内容で開催されました「秋の手仕事文化祭」。
参加者いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

手仕事の文化祭2


9月29日に佐久市市民創練センターにて行われました国実主催による「手仕事の文化祭」。
多くの方に楽しんでいただいた数々のイベントの模様をお伝えするご報告第2弾!

今回は「五感クイズに挑戦!」と未来の友達「ロボット交流広場」の様子です。



■五感クイズに挑戦!■


ボーっと生きてんじゃねえよ!!感性を刺激しろ!

全16項目のクイズに挑戦し、私たちが日頃どれだけボーっと生きているかを測るクイズです。

毎日見ているものなのにいざとなると思い出せない...
なんとなく勘に頼ってきたけれどその正確さやいかに...



「長さあてクイズ」

7e65e78ee38ad1f2a96213a91225a417-1-1024x384.png

オリンピック日本女子スピードスケート史上初の金メダルを獲得した小平奈緒さん。
彼女の太ももの周囲56cmをあてていただきました。



「重さあてクイズ」

dachou.jpeg

人間の成人男性の脳の重さは約1400g、500mlペットボトル3本分です。
結構重いですね。
ちなみに体の大きいダチョウの脳はたった40g、目玉より軽いのだそう。
頭のよさは脳の大きさだけではありませんが、ダチョウはかなり記憶力が悪いそうです。




「触感」

CIMG4522.JPG

見えない箱の中で指先に神経を集中し、その形、質感からゴム栓をあてていただきました。


「温度あてクイズ」

CIMG4535.JPG


お風呂の湯加減なら自信があるけれど...



「やってミラー」

CIMG4525.JPG
手元を写した鏡を見ながらブロックを移動するというかなりストレスフルな作業です。



「音あて」

IMG_2828.JPG

触覚と聴覚を研ぎ澄ませ、板を叩き下地のある場所を探します。



「時間あて」

b84549902347b96f2f6e6a18ccf9267b38472dae.jpeg


片手でストップウォッチを持ち、競泳の池江璃花子選手が50m自由形をノーブレスで泳ぎ切った23秒95の記録にちなんで24秒を計っていただきました。



「豆移動」

2970fff172f08ac023575eb2a49e1e8a6efd0043.jpeg
五感に加えて箸の正しい持ち方も試されます...


「利き水」

c2f249c8694a6e8d957ab36556ede1bd1d44c7a9.jpeg

佐久の水道水と富士山の水の飲み比べ。
佐久市は全国でも珍しい水道水の42%が湧き水という恵まれた土地で、その中でも北部の浅間水系は硬度が高く、南部の八ヶ岳水系は硬度が低いという水質の違いもあります。
それぞれの水質を活かし造られる佐久のお酒が銘酒と言われるわけですね。



「和室クイズ」

7c840dff9f0ae1f5ce1707e9551568a53aa32d96.jpeg

最近の新築住宅では和室がないというお宅も増えてきていますが、一度は目にしたことのある8畳間。
畳の並び方知ってましたか?



「日常クイズ」

IMG-8404.jpg

同日に同じ商品を買った4枚のレシートがどのお店のものかを当てるクイズです。
ヒントがどこかに...?
答えは最後!


「ピンポン卓球」

TES_2322_2776.jpg

ピンポン球を投げて器に見事入れば◎!
感性を磨いてお家のゴミもゴミ箱にナイスイン!




「のり弁クイズ」

IMG-8408.jpg

どのお店ののり弁かを当てるクイズです。...残念ながら試食はできません。



「佐久の地域クイズ」

IMG-8405.jpg

これらのマーク、必ず目にしたことがありますよね。
よーく見てください。なにやらひらがなのようなものが見えてきませんか?



IMG-8403.jpg

こちらは人口数からどの市町村かを当てるクイズです。
佐久広域で唯一人口が増えている町といえば...?


「世界で一番怖い乗り物」


女性にとって世界で一番怖い乗り物...


それは...


1a7f605d0978038a343c58f149de7e4bc53fb65a.jpeg
怖い乗り物には乗らないことが一番です...


「日本の色」


2485c6cc334f2fa0e37a68eb22b9dd997e118853.jpgfb332487099d1cdddef70fb58a195cf48b553c96.jpg
81f9b8ff2ace33379eb9f626f37d7a083ed64a86.jpg
色の見本から 躑躅色 蒲公英色 桔梗色を選ぶものです。
鮮やかな赤紫だとか花のような青みを帯びた紫だとか、日本の色は奥が深いようですが、
つまるところつつじの色なんだよ、というのが一番シンプルでわかりやすいということですね。





■未来の友達 ロボット交流広場■


「SONY aibo(アイボ)」

IMG_2811.JPG
TES_2335_2777.jpg
SONYから1999年に発売されて以来改良に改良を重ね、狂おしいほどかわいいと人気の「aibo」。
お値段も狂おしいほどお高いためなかなか気軽に出会うことのないaiboと思う存分触れ合っていただきました。このイベントブースはお子様に大人気!
ご機嫌に歌まで歌ってくれるaiboに大人もメロメロでした。




「ロビ2、パルミ」


IMG_7322.jpg

最新のAIを搭載した2足歩行コミュニケーションロボット、ロビ2とパルミもお出迎え。
皆さんと楽しくお話ししました!
注:名前や誕生日も覚えてくれるので迂闊に持ち主の生年月日を聞いてはいけません。




「プログラミングでペットボトル投げ」


TES_2337_27781.JPG

話題のプログラミングでロポットを自分で動かしてみました。
参加してくれた子どもたちは再来年には小学校でも必修化されるプログラミングを先取りして楽しみました!



また、ラジコン操作によるミニ重機コーナーも大人気でした!!
子どもたちも真剣にラジコンを操作しお米を運んでいました。

TES_2310_2775.jpg



大人も子どもも楽しんだ「手仕事の文化祭」。
次回は「D.I.Y.広場」、「健康と命の手仕事」の模様をお伝えします!




クイズの答え


・のり弁:A ほっともっと Bローソン Cセブンイレブン
・レシート:左から ツルヤ、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン
・市町村マーク:佐久市、軽井沢町、小海町、小諸市
・人口あてクイズ:上から軽井沢町、小海町、南牧村、立科町、御代田町、北相木村

手仕事の文化祭


9月29日に佐久市市民創練センターにて国実主催による「手仕事の文化祭」が開催されました。
台風が迫る雨の中、420組、約1,000名の方にご来場いただき、大盛況のうちに終えることができました。
お足元の悪い中お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
皆様に喜んでいただき、本業そっちのけで準備に勤しんだ甲斐がありました。(←冗談です。本業もしっかりやりました!)


文化祭が盛況のうちに終わり、まさに「祭りのあと」の虚脱感からやっと抜け出し、
後回しにしていた雑務を終え、やっとブログに取り掛かるまでに回復しました。

久々の投稿は文化祭で好評だった職人技ライブワークショップ等の様子をお届けいたします。





■職人技ライブ■




「瓦職人による技能コンテストの実演!」

79411008d6b7a55b23e846c4fd8db6c6f67b2a46.jpg

職人さんの背中からも瓦に対する愛情がうかがえます。
間近で見ることのできない素晴らしい実演でした。

我が家に帰ってしみじみと屋根を見上げてみたくなりました。



「女性銭湯絵師 田中みずきさんによるパフォーマンス」

7b488d5da0a27f03087861cf0b13478a53d5a80b.jpg
49e7519e96a2937e432932ab9af81ff738f9f9c6.jpg


いつか行ったあの温泉の富士山も田中さんの手によるものだったのかもしれません。



「左官職人によるモニュメント創作」

3f4a84b9dc373780d5cef92135ca9d8e6653e76f.jpg


2011年技能五輪全国大会金賞受賞の左官職人お二人によるモニュメント創作!
その技術、鏝さばきは圧巻でした!



「上田千曲高校建築家生徒と現役大工さんのガチンコ勝負!!」

e9154686cc505f97516dc2e00ac365c09c0910b0.jpg
442dfe4c7208d227c5332e11e4994c999dddd26b.jpg

結果は...現役大工さんの圧勝となりましたが、高校生の腕もなかなか。
将来が楽しみです!




■ワークショップ■



「チョークアート」

26519e5c2e0c7e4083d034ac33dac653299804e3.jpg

近年ブームとなっているチョークアート。これでお部屋もおしゃれなカフェスタイルに。



「ヴァイオリン作成」

2f81dc7e15a500b599345233100918e502e9df0d.jpg

自分で作ったヴァイオリンにはストラディバリウス以上の価値があるはず...



「組子」

5bf7cd33b19d8623473d26d4c3803321158615d3.jpg


釘を使わずに木を組み付ける組子。これはもうまさに「芸術」です。



「ミシン」

c8cbfebe71c267bcfda04e3ec9f37126ae68e31c.jpg

多彩な機能を搭載し進化を続けているミシン。
手ぬぐい2枚でかわいいキャップを作りました。


ちなみに日本にミシンが初上陸したのは1854年、ペリー2度目の来航の時と言われています。
歴史の教科書には必ず出てくるペリーの黒船にはミシンも積まれていたんですね。



「ステンドグラス」

f6e91ce147cec3244d23f24a182a1136ddd6e7af.jpg

個性あふれるランプが出来上がりました。
光を通して初めてその美しさが現れるステンドグラス。ステンドグラスを通した光の影もまた幻想的です。



「紙すき」

eaa4c55a0dbec47b670e897e5fee08cfa61643ef.jpg

お子さんも参加して毎日使っている「紙」がどのように作られているのかを学びました。



「創作パッチワーク」

5f0b1192d0e92db2a89a04425bf5c25dd8c32222.jpg
染めて織った布を使って額飾りを作りました。



「機織り」

74e243969b57aade4d2f520e72eb966599666ff0.jpg


とても根気のいる作業ですが、小さな男の子が黙々と機織りをする姿が印象的でした。




■敏腕重機運転士による建設重機の運転操作技能大会!■


そして野外で行われました敏腕重機運転士10名による建設重機の運転操作技能大会!


d5dff94a1cfb6cf8247f72e026c0e9ab51197c69.jpg4f4f5e5742c49fbbc615da1422a3946f37aafeda.jpg

重機を操作してのお絵描き、迷路、風船割り、スラロームの4競技で技を競いました!
20代の若手運転士も上位に入り、今後のさらなる技術の向上が期待されます!


また、来年はもっと難しい種目に挑戦したい、腕も磨ける、と嬉しい感想をいただきました。



まだまだ内容もりだくさんで楽しんでいただいた文化祭。
次回は「五感クイズに挑戦!」、未来の友達「ロボット交流広場」の模様をお伝えします。


どうぞお楽しみに!


国実カフェ 7月のランチメニュー

夏野菜がおいしい季節になりました。
7月の国実ランチのご紹介です。


IMG-7914.jpg


OPEN 10:00 〜 15:00

PRICE 800 円


****MENU***************************

* 枝豆とじゃこの混ぜご飯
* 白身魚の胡麻ソテー はちみつソース  夏野菜添え
* トマトシチュー
* デザート
* コーヒー

***********************************************


お気軽にお越しください。



「配管のつまりレスキュー」

洗面台の配管が詰まってしまったとのレスキュー要請があり、行ってみると...


3e6b415d8d7ad324044142ef9e1cb245d734e3a2.jpg


アイブロウペンシルが出てきました。


洗面台でのメイク中、配管に向かってメッシ顔負けのスーパーゴール!
優秀なゴールキパーが必要です。




「工場を卓球場へ」

工場の1階を卓球場へ生まれ変わらせるべく最初に取り掛かったのは「トイレ」。
床のコンクリートを壊し、その下に配管工事を行い再びコンクリートを敷きます。


IMG-7760.jpg


コンビニ業界でもトイレはサービスの一環となった昨今、トイレがあるから行くという人は少なくてもトイレがないから行かないという人は少なくありません。


人の集う場にはまずトイレ、です。


次に2階へ登る外階段を屋内へ。


IMG-7761.jpg


2階の床をぶち抜き、安全快適な内階段が出来上がります。
2階は地域の人や卓球を終えてくつろげるコミュニティスペースとして開放予定です。


社長のプレー姿も間もなく公開です。
目指すは東京オリンピック!


オリンピック史上最高齢優勝となるか!?



「床下ウレタン吹き付け」


定年を迎えた60代のご夫婦の「定年後の生活を快適に過ごせる我が家」へのリフォームが始まりました。
まずは寒さに悩まされていた床下のウレタン吹き付け工事から。

IMG_5001.jpgIMG_5861.jpg


これで隙間風を完全シャットアウト。断熱効果抜群です。

また、場所をとっていた仏壇を収納式にするため、柱一本分スペースを大きくしました。

_SAT4876_26621.jpg


これでお部屋もすっきり広くなります。その下には亡くなったお母様の桐のタンスを埋め込みます。


すっかり古びてしまった桐のタンスでしたが、長野市の山崎屋木工さんにお願いして、
美しく生まれ変わりました。
その全貌をどうぞお楽しみに!



そして・・・
今回の依頼をご縁に株式会社山崎屋木工製作所様に研修に行ってまいりました!

IMG_5827.jpg


さすが木工製作所だけあって、社屋の内装は木のぬくもりを感じる素晴らしいコーディネート!
木製の家具もステキなものばかりでした。

IMG_5811.jpgIMG_5814.jpgIMG_5815.jpgIMG_5831.jpg


そしてなんといっても山崎屋木工さんのイチオシは「ウッドサッシ」。
木製サッシの企画から製造、販売までを手がけています。
機能、性能とも世界トップレベルといわれるドイツの木製サッシ。
断熱性能は厚さ0.1mの木の壁と150mの厚さのアルミに匹敵するそうです。
すべてオーダーメイドで快適性、省エネ性とエコロジカルな空間を作り出します。



近年注目されているドイツのパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅、「パッシブハウス」。
簡単にいうと、冷暖房を設備で補うのではなく、家そのものの性能をあげて省エネルギー化しようというもの。


その基準とはこの規模の住宅で地球環境に影響を与えないエネルギーの消費量はこのくらいまで、というとても厳しいものです。
日本の古い住宅のように隙間だらけの部屋で冷暖房をガンガンたく、なんていうのはご法度です。


様々な技術が進歩する中でも世界最高基準に30年遅れているという日本の住宅...
アルミに比べると高額にはなりますが、その性能の高さから日本でもこの木製サッシの需要が高まりそうです。


また、導入されている一台ウン百万という機械で精密にカッティングされた製品には目を見張りました。

IMG_5820.jpgIMG_5821.jpgIMG_5837.jpg


それにしても木の空間とはなんでこんなに落ち着くのでしょうか。

山崎屋木工さま、ありがとうございました。




「門柱補修工事」


劣化し土台から浮いてしまった門柱の補修工事を行いました。

P1070017.jpgP1070016.jpg


土台をコンクリートでしっかり固定し、傷んだ部分を板金で補修しました。


IMG_2443.jpgIMG_2444.jpg


木の門扉はあまり見かけなくなりましたが、補修され昔ながらの威厳のある佇まいを取り戻しました。




「合併浄化槽」


工場の合併浄化槽設置工事を行いました。


これまでは男性従業員ばかりでトイレは半水洗式、社長もそれほどトイレへのこだわりはなかったこちらの工場についに女性従業員がやってきたのです!!
たった一人の女性従業員のために水洗式トイレにしようと社長が動きました!
下水道の通っていない地域では施設毎に汚水と雑排水を一緒に溜めて浄化する合併浄化槽の設置が必要です。
今回は5人槽の大きさのものを埋め込みました。

重量のある浄化槽が沈まないようにしっかりとコンクリートで土台を作ります。
IMG_5734.jpg


蓋の部分もしっかり固定。

IMG_5750.jpg


これで晴れて水洗トイレ、「あなたのために作った水洗トイレ」のおかげでこの女性従業員もプレッシャー...いえ、感謝の気持ちを持ちながら気持ち良くお仕事をしていかれることでしょう。




■「シリーズ 古民家をカフェに〜解体現場〜」■

りんごの里の古民家改修工事いよいよスタートです!


奥様がずっと留守を守ってこられたりんご農家。
ご主人の定年を機に、これからは私がりんご畑を守るからと実家の古民家を改装し、カフェをオープンするという奥様の長年の夢へと一歩動き出しました。

その一部始終をシリーズでご紹介いたします。


今回はその解体現場から。


IMG_5796.jpg


壁は泥壁とよばれる小舞壁。

小舞壁とは小舞竹を格子状に添わせて縄で組み、壁土を塗って最後にしっくりなどで仕上げる伝統的な構法で造られた壁です。
壁を一枚一枚竹で組んで作るとはなんとも気の遠くなる作業です。
この伝統的な構法も、いまでは職人さんも少なくなりなまこ壁同様絶滅の危機に瀕しています。


天井を取り払い吹き抜けに。


IMG_5844.jpg


なんとも開放的でカフェらしくなってきました。

さらに床を剥がすと堀炬燵が。


IMG_5883.jpg


今ほど快適ではなかった時代で、小さな炬燵に皆が肩を寄せ合って暖をとっていたここにはどんな暮らしがあったのだろうと快適さとひきかえに失ったものの大きさを考えながら...


そうはいっても古民家カフェのオープンが待ちきれないミーハーな国子です。

「ヒヤリの現場」


現場での作業中、「ヒヤリ・ハット」はつきものです。
今回のヒヤリは新しいトイレを入れたこの水道管の絶妙な位置!!!

kiji0302_001.jpg


数センチずれていたらトイレ自体を変更するか、水道管の位置をずらす大掛かりな工事に・・・
現場の状況を確認してこなかったので、終わった後に胸をなでおろしました。
kiji0302_003.jpg




「鳥もハチも狙っている・・・」


kiji0302_007.jpg


この写真は換気口のガラリの中に巣を作ったお利口な鳥さんの家です。
白を基調としたシンプルなお宅に仕上がっています。


そうです!鳥もハチも見逃しません。


こういったガラリや軒下などはもう争奪戦です。
今日本で地価が最も高いのは銀座2丁目の坪1億3千万円と言われていますが、
生命の安全に関わるとなるとそんなものではないでしょう。


やっと見つけた安全な我が家ですが、家主の衛生面も大事です。
簡単には手の届かない高所で人の手も届くまいと快適な生活を送っていたところ申し訳ないのですが、立ち退きをお願いしました。



とあるお宅ではお風呂の天井にある換気口からウジが落ちてきたという事件がありました。
冬場のヒートショックなんてものではありません。
それこそ心臓が止まるほど仰天しました。
点検の結果、戸外の換気口のガラリの中に鳥が巣を作り、難を逃れた餌のウジ虫が逃げて逃げて...湯船の中にポトンと落ちてきたそうです。


ただでさえウジ虫なんて見たくないのに、茹だったウジ虫なんて何でつまんだらいいのかすらわかりません。


「流し台の下」


流し台の下のこの大きな筒、トラップと申します。

kiji0302_009.jpg


この筒の中で一旦水を止め、下水道からの臭いや虫の侵入を防ぎますが、
このような大きな筒は今時のキッチンにはありません。


なるべく厚さを抑えて、空いたスペースは収納として使われています。これまでは流し台の下の収納といえば開き戸しか考えられませんでしたが、今は引き出し式の収納も可能なんです。


何物も進化しているのですね。



「樋と枯葉のロンド」


昔から屋根より高い木は植えてはいけないと言われていました・・・

kiji0302_014.jpg


その理由は・・・


樋が詰まるからです!!!


雨樋に網をかけるといったことがされた時代もありましたが、松の枝は詰まるんです。
しかもこれがしっかり詰まってさらに厄介なんです。


であれば雨と一緒に流して詰まったところを取り除く、というのが今の主流です。


こんな感じに・・・
kiji0302_016.jpg


満タンです・・・
kiji0302_015.jpg

しかし、素人の皆様が屋根の上で作業をすることは大変危険です
職人とて高所での作業には危険が伴います。


安全に作業を行うため、2人掛かりの作業になることもございます。
それには多少コストもかかります。
どうぞご理解のほどお願いいたします。


「不届き者への対処」


先日お伝えした賽銭箱を補修し新しい鍵を取り付けました。

kiji0302_018.jpg




この不届き者も真新しい鍵を壊すには勇気がいることでしょう。



「どんなものにも弱点はある」

その昔、一般的に使われていた亜鉛鉄管。
長い年月が経つとこうなってしまいます。

image1.jpeg




そこで、人類は銅管、鉄管、ステンレス管といろいろ試行してきました。

水道管とステンレス管の双剣といわれている銅管
錆びないことに関してはステンレス管に引けを取らない優れものの・・・

弱点その①
凍結に対して耐性がほとんどありません。
こちらのお宅では凍結によりパックリ割れてしまいました。

8802a8221133658937278661571a801362974291.jpg



弱点その②
接続が難しい。
接続には熟練の技が必要で、誰でもできるというものではありません。
手前味噌ではございますが、当社職人のスゴ技をご覧ください。

kiji0302_017.jpg



扱いやすいけれど、サビにとても弱い鉄管。
地中ではこんな状態になっていました。

kiji0302_020.jpg


そして最強のステンレス管
そう、サビに強く、接続もアタッチメントを差し込むだけ、と至れり尽くせりのステンレス管。
最強とあって一時は流行しましたが、既存管との接触部はどうしても隙間ができる、コストがかかるなどの弱点もあります。

image2.jpeg


近年の水道管はライニング鋼管という管の内側を樹脂コーティングし、
外側はポリエチレン製のポリ管というサビや凍結に強い便利なものもありますが、

18adf60ff4b0bbabdbb7d756cd838afbf7df06dc.jpg


やはり見た目も大事です。


屋内の配管はステンレス製でピカピカに仕上げます。



人間と同じ。どんなものにも長所と弱点があるんですね。






広辞苑で弱点とはとのように定義されているのか調べようとしたら、「広辞苑の弱点」が出てきました...

広辞苑の弱点はなんと「日本語」!?
他の辞典に比べて、国語項目の文法、用法の説明が貧弱なのだとか。
広辞苑が弱点の定義に
「広辞苑は国語の文法、用法の説明が貧弱なのが弱点だ」といった使用例を掲載していたら最強だと思います。


国子

前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ