まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

「軒天改修工事」


軒天の改修工事を行いました。




507caffb6edd01fb4249591728245d2878baebdd.jpg


ベニヤ板が剥がれてしまった軒天。
建物の外見の中でも印象に残りにくい部分ということもあり、
多くのお宅でメンテナンスの優先順位は下位になりがちと言われています。

しかし、照り返しや排水の不具合で傷みやすい部分でもあります。
今回は剥がれた部分を板金し、綺麗になりました。


9865bf54376efbc54941a71fc462f35d25e4d2a5.jpg


見落としがちな軒天のメンテナンスですが、劣化が進むと修理も広範囲にわたり、
建物自体の価値も下がってしまいます。
家を長持ちさせるためにも定期的に外壁のメンテナンスをお勧めします。






「冬に備えて」


屋根にアングルを取り付ける工事を行いました。




15b920b1380dca0d6228f936cdfc764be8261c51.jpg


雪止め瓦や「ゆきもちくん」など屋根の雪止めには様々なものがありますが、
今回は比較的安価に施工ができる「アングル」を設置しました。


6f90d05b0673de5d5cab2dd91657c97d57d01674.jpg


昨冬は湿った重い雪でカーポートが壊れたり、サンルームの屋根が割れるなど
修理依頼が多くありました。

冬に備えて真夏からその準備をされるまさに「深謀遠慮」。見習いたいものです。






「シェード」


日差しよけのシェードをつけました。




3d3046adc1bb555f97ad6e98f350319144a49d47.jpg


一方で雪に備えて雪止めアングル設置工事を行いがならも、まだまだ夏の暑さは続きます。
こちらでは日差しよけのシェードを取り付ける工事を行いました。
シェードをつけるだけで、エアコンをフル稼働させても追いつかない日差しによる暑さや
日光による劣化を避けることができます。
お肌を気遣うように、お家の中のものにも紫外線対策が必要です。








お洗濯にはありがたい日差しですが、紫外線の威力はすごいもので窓辺に置いてあったクリアファイルがいつの間にかパリパリと割れてしまうほどです。
この紫外線を毎日お肌にも浴びているかと思うと恐ろしいです。
お家にはシェード、お肌には日焼け止めです。
皮肉にも今年はマスクのおかげで口周りの紫外線対策だけは万全です。


国子

「新築」


新築工事が順調に進んでいます。




kunimi0828_001.jpg


洋瓦を使用し、鮮やかな屋根が空の色によく合います。


kunimi0828_003.jpg


建前が終わった内部の様子です。


kunimi0828_002.jpg


写真からでも新しい木の匂いが伝わってくるようです。






「シェード」


西陽よけのシェードを作りました。




kunimi0828_005.jpg


家の中でも車を運転している時も、どうにも我慢できないのが西陽です。
西陽のあたる部屋は他の部屋と比べても室温がかなり高くなり、エアコンの効果も薄れます。
そこでシェードを作り、西陽対策を行いました。


同時に幅が狭く登り降りが危険だった踏み台を新しくしました。
kunimi0828_004.jpg


コンクリートの踏み台の上に木製の台を取り付け、滑りにくく温かみのある印象になりました。







「井戸のポンプ交換」


壊れたポンプの交換をしました。




kunimi0828_006.jpg


農業用水として今でも重宝されている井戸水。
この暑い時期に手で水を撒くなんて考えただけでも熱中症になりそうな作業です。
無事に新しいポンプの設置が終わり、雨乞いの必要もなくなりました。






「軒先改修工事」


軒先の改修工事を行いました。




kunimi0828_007.jpg


壁は塗装が剥がれヒビが入り、樋はサビでボロボロ...かなり劣化が進んでいました。
樋と鼻隠しの板金、壁のヒビを埋める左官、さらに塗装と3人の職人の手が入り、
すっかり綺麗になりました。


kunimi0828_008.jpg


やはり「餅は餅屋」です。






「ウッドデッキ塗装」


ウッドデッキの塗装工事を行いました。




kunimi0828_011.jpg


Before
kunimi0828_009.jpg
もう解体かと思われるほど塗装がすっかり剥がれ色褪せてしまったウッドデッキ。


After
kunimi0828_010.jpg
洗浄、塗装を行いまるで新しいウッドデッキのように生まれ変わりました。


ウッドデッキを長持ちさせるためには、日当たりの状態にもよりますが一般的には
3年に一度の再塗装が必要と言われています。
なかなか自分で塗装するのは大変ですが、ウッドデッキの木材が傷んでしまっては作りかえるしかありません。
3年以上ほったらかし...というお宅はぜひご連絡ください。






「フェンス改修工事」


フェンスの改修工事を行いました。




Before
kunimi0828_012.jpg


After
kunimi0828_015.jpg
鉄製のフェンスはサビがひどく、塗装もできなかったためアルミのフェンスに交換しました。


Beforekunimi0828_013.jpg
kunimi0828_014.jpg


After
kunimi0828_016.jpg
kunimi0828_017.jpg
門はサビを落として塗装をしました。
周りのブロック塀も汚れ、門を開け閉めする際にあちこちにサビが付いてしまう、といった心配もなくなりました。


アルミの3倍の強度を誇る鉄ですが、湿気がある限り鉄はサビます。
湿気を遮断する塗装が剥がれると赤サビが出て、鉄そのものも劣化しますので、
こちらも定期的な塗装が必要です。


強度とサビへの耐久性という面で考えるなら「アイアンマン」の次作は「ステンレスマン」
になるかもしれません。






コロナ渦、新しい生活様式となり、リフォームに対する考え方も変わってきたように思います。
高度成長期の古くなったら買い換えればいいという時代から、
自粛でゆっくりと流れる時間を過ごすうちに、古き良きものを大切に長く使っていこうという
基本に立ち帰る機会にもなったのではないでしょうか。

最先端の電気機器、最新の住宅家電が次々と発売される中でも
私たちが古民家や古い旅館、アンティークに惹かれてしまうのは、そういった物への価値観が
根付いているからではないかと思います。

アンティークとまではいかない中途半端に古い家電がたくさんある我が家ですが、
これらがアンティークと呼ばれるまで大切に使っていこうと思います。


国子

「リシェント工事 実証実験」


本当に1DAYなのか!?実証実験!


リシェントは1日で施工完了できるように作られた玄関ドアです。
本当に1日で工事が終わるのか、実証実験を行いました。


A.M.9:25 工事スタート
まずは古い玄関の取り外しから。
kunimi0821_020.jpg


A.M.10:15 取り外し完了です
kunimi0821_022.jpg


A.M.10:45 新しい玄関ドアの枠が着きました
kunimi0821_021.jpg


P.M.2:40 新しいドアの取り付けが終わりました
kunimi0821_023.jpg


以上で工事は完工です。
猛暑の中での作業だったため職人さんも休憩をとりながら、またお家の方も何日も家を空けられないという不便もなく、1日どころか5時間余りの工事で安全性、防犯性、デザイン性に優れた玄関ドアになりました。


実験結果:
1日どころか5時間余りで施工が完了しました!!







「テラス改修工事」


テラスの改修工事を行いました。




kunimi0821_003.jpg


1階のテラスですが、こちらのお宅が地上5mの高台にあるため、高所での作業となりました。
kunimi0821_005.jpg


これまでの木製のテラスは劣化してボロボロ...
控えめに言ってもかなりお家の外観が損なわれていました。
kunimi0821_002.jpg


新しいテラスは通路への扉もついて、防犯対策もバッチリ。
シンプルなデザインでお家全体がスッキリとした印象になりました。
kunimi0821_004.jpg







「物置が完成しました」


古くなった物置を解体し、新しい物置を作りました。




kunimi0821_010.jpg


まったく物置に見えないほどの美しい外観です。


正面右側は農機具などの倉庫として、
kunimi0821_007.jpg


棚を設けて納戸として、
kunimi0821_009.jpg


こちらのお部屋はお家に置ききれない収納として、
kunimi0821_008.jpg


物置もお家の中もスッキリ片付き、快適な空間になりました。




「アスファルト改修工事」


お庭の一部をアスファルトにしました。




kunimi0821_006.jpg


全面アスファルトの庭というのは、ぬかるみや雑草のお手入れの必要がなく便利ですが、
やはりちょっと味気ないものです。
一部をアスファルトにすることで緑を残しながら、使いやすいスペースが生まれました。




「土蔵改修工事」


土蔵の改修工事が始まりました。




kunimi0821_011.jpg


昭和の趣がたっぷり残る寂しげな窓や窓枠が、改修工事が決まり、
再びその役目を果たせることにその表情がどこか誇らしげに見えてきます。
解体が危ぶまれたこちらの土蔵がどのように生まれ変わるのか、完成をお楽しみに!







コロナ自粛でますます需要の高まるインターネット。
オンライン授業、オンライン会議、オンライン飲み会、オンラインショップ...
もうオンラインで出来ないことはないと言っても過言ではありません。
すべてがお家にいながらできてしまう今の世の中ですが、
毎日学校が終わると夕方までお友達と遊ぶ子どもたちを見ていると、
心の成長は人との直接的な関わりなしでは育めないと実感する日々です。
日本特有の文化とも言われる「引きこもり」をこれ以上増やさないためにも
オンラインの利便性もほどほどに、という思いです。
画面に映らない上着以外は買わなくてもいいいんだ!と喜んでもいられません。


国子

「キッチン改修工事」


増築したキッチンが完成しました。




kunimi0717_001.jpg


キッチン部分を増築し、広げただけでこんなにすっきりとゆとりのあるキッチンになりました。


Before
296f4aec24b474282e077111942d4b019e7bef17.jpg
2d143ed22266825da1bb0bbf2d9d1365b081b74e.jpg


どんな作業でも狭いスペースでは思うようにはかどらないものです。
窓から十分な光も注ぎ、気持ちよくお料理ができそうです。





「土間の打ち直し」


玄関の土間の打ち直しが完工しました。




kunimi0717_004.jpg
kunimi0717_003.jpg


玄関脇にスリムな不凍水栓柱の洗い場を設け、美しく使いやすい玄関周りになりました。




「塀改修工事」


木製の塀を新しくしました。




kunimi0717_006.jpg


Before
kunimi0717_005.jpg


木製の塀にこだわり、イメージをそのまま新しい塀に作り直しました。
高さ1mほどの塀なので防犯や目隠しの効果はありませんが、近隣に圧迫感を与えることなく、
「囲い」としてしっかりとプライベート空間を作り出し、その役目を果たしています。





「ベランダ改修工事」


2階のベランダが完成しました。




kunii0717_002.jpg


Before
65911d3335d6902a81034e528f1001d11a56ac37.jpg


ベランダ改修工事に併せて、2階の廊下の張り替え、サッシの交換も行いました。
すっかり生まれ変わった廊下とサッシとベランダで、落下の心配もなく、安心して暮らすことができます。


住人の高齢化に合わせて暮らし方も変化します。そしてその変化に安全は欠かせないものです。
これまではなんの心配もなかったお家のあちこちを、今一度見直してみることも必要ですね。








佐久保健管内で新たな新型コロナウイルス感染者が報告され、
改めて感染予防の重要性を確認しなければという気持ちになりますが、
感染より、社会的制裁の方が怖い今日この頃の国子です...

感染者の家や勤務先に石を投げ込んだりする人は、自分の家族や親しい友人が感染したとして
同じことをするのでしょうか。
予防もせずに夜の繁華街に出かけて行くなどというのは論外ですが、
感染した方の回復とこれ以上感染が拡大しないことを願うばかりです。


国子


「3600キッチン」


キッチンの改修工事を行いました。




kunimi0710_001.jpg


改修前のキッチンに合わせた幅3600cmのキッチンは滅多にない長さです。
何をどこに置こうか迷ってしまうほどですが、家族で並んでのお料理にも十分な広さです。
収納もたっぷり、ホーローのキッチンパネルは磁石、とさすがのタカラキッチン。
前面の窓から明るい光が入り、快適なキッチンになりました。





「ガーデニング」


お庭の改修工事を行っています。




kunimi0710_002.jpg


玄関までのアプローチはコンクリートで基礎を作り、滑りにくい木材を敷いていきます。
お庭部分はインターロッキングで舗装し、水はけがよく景観も美しいお庭に。
お庭の使い道の幅が広がりそうです。




「キッチン改修工事」


キッチンを増築する改修工事を行っています。




kunimi0710_003.jpg


狭くて導線の悪かったキッチンを思い切って増築しました。


kunimi0710_004.jpg


システムキッチンが入る部分を増築し、新しいキッチンスペースと新しい暮らしが生まれます。





「土間改修」


玄関先の土間を打ち直しました。




kunimi0710_005.jpg


劣化し、ひび割れてしまった玄関の土間。
痛んだコンクリートを全て撤去し、新しく打ち直しています。


kunimi0710_006.jpg


コンクリートの劣化はなかなか避けられないものがありますが、やはり玄関は客人を迎える
「お家の顔」です。
特にお宅に上がることも少なく、玄関先で用事を済ませることが多い現在は、
「玄関がお家そのもの」といっても過言ではありません。
住人もお客様も気持ちよくお家に入れる玄関になりますね。





「玄関リシェント工事」


玄関のリシェント工事を行いました。




kunimi0710_007.jpg


「リシェント」は、古い玄関の取り外しから新しい玄関の取り付けまでを1日で工事が完了してしまう玄関です。


kunimi0710_008.jpg


玄関が変わるだけで、お家のイメージがガラッと変わります。
また、今は光を取り入れながら冷気や熱気を防ぐ優れた玄関ドアが豊富です。
家を建てた時には流行だった玄関ドアも今では使い勝手が悪く、なんだか古臭い...
とお悩みの方、ぜひご検討ください。





「新築工事」


新築の基礎工事が始まりました。




kunimi0710_009.jpg


家を新築する際に最も大事な基礎工事。
コンクリートの基礎には建物の重さを分散し、地面からの湿気やシロアリの侵入を防ぎます。
一生に何度もない、「新築」です。
その基礎を一切の妥協を許さず、しっかりと施工を行っています。






晴天率が日本でもトップクラスの佐久市でも今年は雨が続き、
コロナに追い討ちをかけるかのようにあちこちで大雨の被害が相次いでいます。
佐久でも大雨が降った先日の朝、小学校に通う娘が「今日、学校休みになるよね?」
とカメハメハ大王みたいなことを言っていましたが、
「風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休み」というカメハメハ大王の方針は究極の
「身を守る行動」なのかもしれません。


国子

「押入れ改修工事」


押入れをクローゼットに改修しました。




Before
kunimi0703_001.jpg


After
kunimi0703_002.jpg


アパートの押入れをクローゼットに改修し、使いやすくなりました。
痛んでいた床の間も補修し、使い道も広がります。


kunimi0703_003.jpg


和室をリフォームして使う「和モダン空間」が注目されています。
棚を取り付け、お気に入りのオブジェを置いたり、お子様の遊びスペースにしたりと用途は様々です。


〈使用例〉tokonoma3.jpgtokonoma1.jpg


「床の間には掛け軸」といった固定観念を捨て、大胆なアイデアで使ってみるのもいいですね。





「塀改修」


ブロック塀を解体し、木の塀を作りました。




Before
kunimi0703_007.jpg


ブロック塀を解体しました。
kunimi0703_006.jpg


After
kunimi0703_004.jpgkunimi0703_005.jpg


お客様ご希望の木の素材感を活かした塀が完成しました。
擁壁もしっかりと行い、木の色合いもお客様のご希望とマッチングしながら、耐久性を持たせ、高級感のある塀に仕上がりました。
落ち着いた色合いが控え目ながらその美しさを主張し、お庭の緑ともよく合います。




「土蔵改修工事」


土蔵が完成しました。




kunimi0703_011.jpgkunimi0703_010.jpg


白を基調に下部を黒色に塗り分けたガルバ合板で眩しいほどの壁が完成しました。

西側の格子は西陽の日よけになり、純白の壁のアクセントになっています。


kunimi0703_012.jpg


お庭の立派な松の木に合う土蔵を、と改修した土蔵。
立派な土蔵に合う松の木、になったでしょうか。




「新築地鎮祭」


新築工事の地鎮祭が行われました。




IMG_5142.JPG


土地の四隅を祓い清め、工事の無事を祈願しました。





「リビング改修工事」


畳の和室をフロアへ改修しました。




kunimi0703_009.jpg


和室の「居間」をフロアの「リビングルーム」に改修しました。
これまでは畳のお部屋での生活でしたが、年齢とともに立ち座りが大変になり、
椅子の生活をすることに。確かに畳の生活は立ち上がる時に腰に負担がかかったり、冬場にコタツがあればなかなか出られない、という難点がありますよね。


床は木肌感のあるキズや水、汚れに強い高級素材「エクオスロッゾ」を使用。
扉もゆっくり閉まる「オートクローザー」で、半開きや閉める時の騒音を防ぎます。


椅子の生活で、移動も楽々、アクティブに過ごせそうです。





「スレート屋根」


足場から見た屋根は思ったより汚れていました...




kunimi0703_008.jpg


樋に隠れて普段は見ることがありませんが、実はこんなに汚れていました。
年数が経つと、どうしてもコケが生えてしまい、高圧洗浄を行ってもすぐに生えてきてしまいます。


スレート屋根は塗装製品なので、基本的には10年から15年を目安に再塗装が必要です。
見えないところで、雨風をしのいで頑張ってくれている屋根を時々点検してあげてください。








今週は七夕でしたね。
あちこちに笹が飾られ、思い思いの願いの書かれた短冊が揺れている光景はなんともいいものです。
小学2年生か3年生でしょうか。
「コロナがなくなってびょうきになる人がいませんように」と書かれた短冊がありました。
子どもたちも小さな胸に不安をいっぱい抱え、この時期を乗り越えているのだな、と
気が重い面倒な飲み会などが次々と中止になり、ラーキー!と思っていた自分を反省しました。
この願いが天の川の神様に届くことを願って止みません。


国子

前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。