まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

梅雨時期のテント 2021:06:03:13:49:52

「お客様のための工夫」


お客様の家に偶然テントが張っていた訳ではありません!!
雨が降るたび材料が濡れたり、工期的にお客様に迷惑をかけてしまわないよう
車の後ろにテントを張る工夫をしています。
昔は雨が一週間続くと職人にとっては死活問題でしたが
今はこのような工夫を重ね
天気に左右されないようにしています。
休日はこのテントを持って遊びにいきます⛺️✨
0899f5614bec7386afadc131ca409eca042d264c.jpg

ボイラー交換 2021:06:03:13:01:40

30年使い続けたボイラーを交換しました。


6c95715004281110cda41fadc0dc8b464599b1f6.jpg
今の時代10年経つと部品の供給が減っていきます。交換をおすすめしているボイラーですが
そんな中でなんと、Kさんのお宅では30年も使いつづけることができたそうです!!
ご主人が機械好きで、マメなメンテナンスをしていた事で長く使いつづけることができました。


10a846b9e3f368faff3a84e6daf9e965c101ae43.jpg
ボイラーは外に設置する家が多いですが、深窓に育ったとても上品なボイラーでした。
雨風も防げて、機械自体もシンプルだったことが長くもった要因です。
ただ一つの欠点は煙突がついちゃうんですよね...


そんなお役に立っていたボイラーもいよいよ交換の時期が来ました。
さて、どんなふうになったのでしょうか!
どうぞご覧あれ!


583a7dbf6f13f3d48d237aea2f2889f24f6044d9.jpg
クリーンホットからSDGsのエコフィールに!
煙突も真っ直ぐになりましたね!


しかし皆さん、どんなに大事に扱っても
10年???ごろから不思議と壊れていきます...

「国実通信No.152発行しました!」


227b821ac6df2b562c0a3390ee0145453a16b3ad.jpg

無垢材をふんだんに使った「平屋の家」

見学ツアー報告
5月14日 新潟県 新発田市にある

「夢ハウス」

プレカット工場 展示場 パネル工場を社長 設計士 お客様2組で見学してきました。




「分校だより6月号」


a2f97c57e19c457301e149b6846fa8c7f5d0759b.jpg
曲がり坂つれづれ②

紫陽花


6月のカフェメニュー

トマトと生ハムの冷製パスタ


美人店長の知恵袋


食レポ「百花美膳」の雑穀米


女性限定!DIY教室開催のご案内

みんなで作ろう簡易ラック






読んで得する情報が盛りだくさん!
クリックして拡大できます。ぜひご覧くださいね!

キッチンリフォーム 2021:05:28:16:25:15

「キッチンリフォーム」

35年。共に過ごした思い出のキッチンを交換しました。


こんにちは、広報担当の新人の国穂です。
先日キッチンリフォームの依頼を受けたKさんご夫婦にお話をお伺いしました。


aff04d601df21015b6ee4d00732cd1f5c0ff2928.jpg
c2d660b9608b225511f93bc23707c970ca38b3e2.jpg
〜リフォーム内容〜
○キッチンの交換(食洗機・浄水器・自動水栓の設置、都市ガスに変更、窓を小さく)
○食器棚の交換
○暖房器具の交換(温水ルームヒーターに変更)
○LEDのライト照明に交換
◯内装貼り替え




どんなふうに仕上がったのでしょうか

どうぞご覧あれ!





98af2fb11d4fc6fb95e18e2272419802a492af7a.jpg
窓が小さくなり、吊り戸がなくなりました!
下の収納だけで全部入ってしまいます!




8e08c1c5715714ac9f710497a4c7bfcc6b773242.jpg
浄水器の設置でより安心で美味しい水が飲めるようになりました!




07e9c3bcc24d0658dbdee3ad63d6dc5d16134a21.jpg
コロナ禍でも安心の自動タッチ水栓!




ec7a5e15e4fd926c347ce94a9d76e5f29c67f654.jpg
作り付けのの食器棚から市販の食器棚に交換しました!
断捨離もしてコンパクトに納まります!



キャスター付きで移動可能な暖房器具!

これで出し入れも簡単にできるようになりました!

擁壁回収工事 2021:05:28:15:59:07

「擁壁回収工事」

擁壁回収工事を行いました


eaee48f667a40144ea19d5d66b9aa530fae38b41.jpg
工事に至った理由

①台風19号の災害時、危うく浸水しそうになった
②道路側に傾いてしまった
以上の2点で不安を覚え、それを解消するために、当社にご依頼がありました


074a00f24736eeb21a50b12e11fde82844e1b6b1.jpg
青いラインまで水が押し寄せていました。
危うく浸水です...
黄色いラインまで擁壁をあげます!


ea78943d59cb40c51bbab2bf1bf394268209b00a.jpg
さらに、こんなに傾いていました、、
倒れてしまいそうで怖いですね、、




そんな擁壁どうなったのでしょうか!

どうぞご覧あれ!






c59fb127df7dcd58bd120853ef285c1e6fb36e21.jpg
お〜!とてもきれいになりましたね!!
白い擁壁とフェンスで雰囲気も明るくなりました!


ebe06c171f719d392da7f9c3fbe66f8b2d40e3ec.jpg
しっかり高さもあり、垂直で安心です!


e8d6ee5c3afbee864077ed1b055b606a14e6d0fb.jpg
d8ce865d14a04ba2ca8907183215c0b44f891d67.jpg
これで浸水対策もバッチリですね

「6畳間の物置」


6畳の物置を増築しました。




kunimi0514_003.jpg


収納スペースを確保したいとのご要望で、お家の北側に6畳間の物置を作りました。
窓がない北側の物置には天窓を設置し、
隣接するキッチンに明かりを取り込むためガラス戸を付けました。


kunimi0514_005.jpgkunimi0514_004.jpg


何かとものが溢れてしまうキッチンの強い味方!
食材や日用品の収納にぴったりなお部屋が完成しました。






「キッチンリフォーム」


セパレートキッチンを作りました。




kunimi0514_015.jpg


一般的なキッチンと言えば、シンクとコンロ、作業台が並んでいるものですが、
お部屋の配置を考えて「セパレートキッチン」を作りました。


kunimi0514_013.jpg

シンクとコンロを敢えて別のスペースに配置し、調理のための作業をしやすくしたのが
セパレートキッチンです。
セパレートキッチンにする大きなメリットはなんといっても作業動線の短さです。
必要に応じて振り返るだけで次の行程に移れます。
また、作業台としてのスペースが2つ作れるので横一列に並んでギュウギュウなんてこともありません。 
家族みんなでお料理をする楽しみもできますね!






「サッシ、床の張替え工事」


サッシの交換、床の張替えを行いました。




dd8efa2a99c9c0a7ec23ac7e61322cdac2452794.jpg


冬季にはお部屋の熱がどんどん奪われてしまう一重のサッシを断熱サッシに交換しました。


家の断熱性能の大部分は窓で決まります。
冬の場合はおよそ窓50%、外壁20%、屋根5% の割合で室内の温かい室温が失われ、
夏の場合は窓75%、外壁12%、屋根5% の割合で外気の熱さが室内に伝わってしまいます。
外壁や屋根に比べて窓の断熱の重要性がわかりますね。


また、サッシの交換にあたり床との段差ができてしまったため、
既存の床に新しい床材を重ね張りし段差を解消しました。


工事前
2c5ffb0f65d829c3c0f75d58cc758c79150aba67.jpg


工事中
kunimi0514_010.jpg


完成後
kunimi0514_014.jpg


サッシも床も新しくなり、廊下が見違えるように綺麗になりました。
今度の冬は暖かく過ごせそうです。






「洗面台交換工事」


洗面台の交換工事を行いました。




kunimi0514_001.jpg


どこかレトロでかわいらしい洗面台ですが、洗い場と収納の狭さがネックでした。


そこでこの度、眩いほどの高級洗面台が入りました!


kunimi0514_002.jpg


収納スペースもバッチリ。
色合いや材質も高級感が溢れる新しい洗面台で洗面所の雰囲気もガラッと一新しました。
もうタオルや歯ブラシの収納にも困りません。
明るく、大きな鏡で毎朝の歯磨きや洗顔が楽しくなりそうです。






「塀の補修工事」


塀の補修工事を行いました。




kunimi0514_006.jpg


劣化により表面がボロボロになってしまった大谷石の塀・・・


kunimi0514_007.jpg


築年数の経った大谷石の塀がボロボロしてきたり、黒ずんでしまったというお悩みは多いと思います。
劣化した大谷石の塀などは表面を削り、モルタルを塗りなおすというのが一般的な補修工事ですが、そうは言ってもこれだけの塀を全て作り直すのは大変です。
そこで、基礎の部分だけにモルタルを塗る補修工事を行いました。


kunimi0514_012.jpg

外観がスッキリしました!





「シロアリ相談」


大量の羽アリがいる!とのご相談があったお宅に伺いました。




kunimi0514_016.jpg


これは・・・シロアリ?
これが柱の隙間から出てきたと実物を採取してくださっていました。


シロアリといえば真っ白で形はアリそのもの、と思っていませんか?
シロアリにも種類があり、ある時期になると羽アリになります。
シロアリとシロアリでない羽アリは羽と触覚の形状の違いでわかります。
この写真の羽アリは・・・かなり怪しいです。


早速シロアリ駆除部隊が見に行き点検することになりました。
どうかお家に被害がありませんようにと祈るばかりです...





国子の場合、季節の変わり目には必ずといっていいほど体調を崩します。
毎年恒例のことですが、今年はちょっと違いました。
熱っぽい、体がだるいなどと訴えた日には四の五の言わずPCR検査になるのです。
ちょっと休めば良くなるからなんて遠慮はむしろ迷惑な話でだるさの中即日検査を受けに行きました。
受け付けで熱があると言うと即刻車に戻って待機をし、
別室に通され防護服を着たドクターと看護師さんに迎えられ検査となります。
そのまま車に戻り、お会計までドライブスルー方式で至れり尽くせりでした。
結果は「陰性」。
そうだろうとは思っていても万が一のことを考えるとドキドキするものです。


医療機関の方は本当に毎日戦場に赴く気持ちでいるのだろうと思うと一人一人が気をつける
べきことが自ずとわかります。
もうすぐあちこちの学校ではお子さんやお孫さんの運動会です。
大切な人のためにみんなができることをしていくしかないですね。


国子


前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。