まるごとリフォーム、エクステリア、内装、お風呂、キッチン、サニタリー、
水まわり、サイディング、塗装、バリアフリーのことなら国実におまかせください。

0267-64-1822

今日の国実

「国実通信No.151発行しました!」


52f4061fd702e3c183178c1415a36cee73cc8a7c.jpg
ギリギリ滑り込みでお引き渡し
期限付きの水回りリフォーム


無垢材家具のすすめ


「グリーン住宅ポイント始まりました」
リフォームをお考えのみなさまにチャンス!


カンナちゃんのおうちバコキットを10名様にプレゼント!
最優秀賞にはさらにプレゼントが!
おうちバコ選手権開催





「分校だより5月号」



6e1012ca15cdb515145fe59d0fe4672376f0f9de.jpg
曲り坂つれづれ
余花


5月のカフェメニュー

新たまねぎのハンバーグランチ


美人店長のおすすめ食材
家庭で手軽に薬膳ご飯






読んで得する情報が盛りだくさん!
クリックして拡大できます。ぜひご覧くださいね!

「外壁補修工事」


外壁の補修工事を行いました。




kunimi0423_001.jpg


遠くからみるととても綺麗な外壁ですが、
近づいてみるといたるところにクラック(ヒビ)が...


kunimi0423_003.jpgkunimi0423_004.jpgkunimi0423_002.jpg


外壁の素地は気温や湿度により膨張伸縮を繰り返しますので、経年劣化は避けられません。
このクラックを放置するとそこから水分が入り、木材の腐食や金属の錆など
お家自体に深刻な影響を与えることもあります。


というわけで早速補修工事に取り掛かります。


まずは接着剤の役割を果たすシーラーを塗っていきます。
kunimi0423_005.jpg


次にクラックを埋める処理を行い、
kunimi0423_007.jpgkunimi0423_006.jpg


ここでもう一工程。
これまでの外壁の風合いを残したいというご要望で、
外壁に波形模様をつける塗装を行いました。


kunimi0423_008.jpg


特殊なローラーで凹凸を付け、外壁全体がマットな印象になります。

水性塗料で中塗り、最後に上塗りをして完成です。
kunimi0423_009.jpg


完成後がこちら。
kunimi0423_040.jpg



遠くから見ても近くから見てもすっかり綺麗になり、クラックの心配もなくなりました。



【おまけその1】


工事の際に矢切りにコウモリの巣を発見。
矢切り部分はすっかりコウモリの住処になり、さらに巣の下には死骸が固まっていました。


kunimi0423_010.jpg


ついでに巣を撤去し、お掃除をしました。


まじまじと見ることのない外壁ですが、小さなクラックやチョーキング(白亜化)という外壁を触ったら白い粉のようなものが付くという現象があったら補修のサインです。
その際コウモリやツバメの巣がないかも忘れずにチェックしてみてください。


【おまけその2】


外壁塗装で気になった台所の換気フードをこの機会に交換しました。


kunimi0423_012.jpg


普段は見えない換気フード。
外側は油でベタベタでした。
レンジフードはそれでも年に一度くらいはお掃除しようかという気にもなりますが、なかなか外側の換気フードまでお掃除する人はいないのではないでしょうか。
むしろこの溜まった油汚れを見ると、ここまで毎日よく家事を頑張ったなと、
野球少年の磨り減ったグローブを見るのと同じ思いです。


これまでの感謝を込めて新しい換気フードに交換しました。


kunimi0423_041.jpg


新しい換気フードにしたら音がとても静かになったそうです。





「パーゴラ」


パーゴラを作りました。




kunimi0423_014.jpg


パーゴラ(pergola)は、建築用語の一つで、
住宅の軒先や庭に設けるつる性の植物を絡ませる木材などで組んだ棚のことです。
大事に育ててきたバラを長年支え続けてきましたが、
経年劣化で枯れ木のようになってしまった木製のパーゴラ。


kunimi0423_013.jpg


この際バラも切ってしまおうかと悩みましたが、ここまで大きくしたバラです。
新しいパーゴラを作ることにしました。


まずは単管を支えにして、ジャッキの要領でバラの枝を持ち上げ固定します。


kunimi0423_016.jpg


次に木製のパーゴラを撤去し、新しく軽くて丈夫なアルミのパーゴラを作りました。
今回使用したのはラッピング形材という中は空洞になっており、
外側には木目調の模様が入ったアルミ材です。


96c51b7d81b1c8dcaed5a5261ba2700c50da8228.jpg


木製のパーゴラの趣を残しつつ、丈夫で腐ることのないパーゴラが完成しました。


kunimi0423_015.jpg


我が子のようにお世話をしてきたバラ。今年も見事な花を咲かせてくれることでしょう。






「下り棟補修工事」


棟の補修工事を行いました。




kunimi0423_025.jpg


度々の強風で下り棟の一部が飛んでしまいました。
新たに瓦を乗せようにも下のモルタルが固まっており、ぴったりと乗せるができません。
そこで、モルタルにコンクリートビスを打ち込み、


kunimi0423_019.jpgkunimi0423_020.jpg


銅線を通してから瓦を乗せ固定しました。


kunimi0423_021.jpgd554d28cd46a799a525081b7e4fd8d8e11206890.jpg


ここで銅線が使われるのには理由があります。
雨風にさらされる場所なので錆びにくい性質であること、また柔らかく加工がしやすいため、
しっかり締められ固定度が上がるという点です。
錆びない素材ではステンレスもありますが、ステンレスは硬いので締めが甘くなり、
切るもの大変です。


これもお家を守る大切な屋根と住む人の安全安心を考えた職人さんの知恵ですね。


kunimi0423_024.jpg


これでどんな強風にも瓦が飛ばされることはありません。一安心です。






「アプローチ改修&玄関リシェント」


玄関アプローチの改修と玄関のリシェント工事を行いました。




kunimi0423_034.jpg


足元が悪く、勾配と段差のあるアプローチは高齢になった住人にとって
とても歩きづらいものでした。


アプローチの地面を平らにし、リンクストーンを敷きました。


kunimi0423_030.jpg


さらに段差10cmほどの階段を設け、玄関までの見た目も美しいストレスレスな
アプローチが完成しました。


3c19eb93448ad0fbedadfd1102438421a0f7cbf7.jpg

玄関は既存の枠に新しい枠と玄関ドアを取り付ける「リシェント工事」を行い、
1日で新しい玄関になりました。


Before
kunimi0423_032.jpg



After
kunimi0423_033.jpg


高さのある重厚感あふれる玄関ドアの完成です。


日々の「使い勝手の悪さ」は高齢になるにつれ転倒や怪我などの危険につながります。
安心安全な暮らしのために身の回りの「使い勝手の悪さ」を見直してみることも大切です。







「柱のキズはなんとやら」


リフォームしたお宅で見つけました。




kunimi0423_018.jpg


お子さんの成長が柱に刻まれていました。
この子は今どのくらい大きくなったのでしょう。


そんなことを思いながら、つい顔がほころんでしまう柱のキズでした。







2015年から始まったSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」。
国連加盟193か国が参加して30年間という期限を設け、目標達成とする2030年まで残り9年。
みなさんの目標はなんですか?
国子はレジ袋は意地でも買わない、食品を無駄にしないことを心がけています。
買い物をしてエコバッグに入らなかったものは食パンでも卵でも手で持って帰り、
賞味期限が切れそうな食材があったら夕食の献立は和洋中のちゃんぽんです。


自分にできることを一つずつ、と考えていますが、
ちゃんとお金払ったの?と勘違いされそうな光景と、子どもが味覚音痴になるのではないかが
ちょっと心配な国子です。

国子

イベント報告


第11回 キッチン・風呂を見る会を開催しました




kunimi0226_006.jpg


2021年2月26日、タカラ佐久平ショールーム様にて開催されました
「キッチン・風呂を見る会」には限定数いっぱいの6組の方にお越しいただきました。

新型コロナ感染防止のため、各組時間を区切ってのご案内となり、
例年のような賑やかさには欠けましたが、ご満足いくまでご覧いただくことができました。


kunimi0226_001.jpgkunimi0226_002.jpgkunimi0226_003.jpgkunimi0226_005.jpg


各ご家庭に順に下見に伺い、見積もりをお出しして参ります。


お越しいただきました皆様、ありがとうございました。


kunimi0226_007.jpg


国実通信150号 2021:02:25:05:49:53

「国実通信150号」


むかしむかし...で始まる愛の物語り




kunini0218_012.jpgkunimi0218_011.jpg



お風呂、キッチン、洗面、トイレ。
水回りのなんでも相談会を開催いたします。
1月31日(愛妻の日)にちなんだ全国「夫向け」一斉テストにぜひご参加ください!

kunimi0218_013.jpg

kunimi0218_010.jpg

「浴室改修工事」


お風呂が完成しました。




DSC3461_44632.jpg


解体にとても苦労したお宅の浴室に新しいタカラのユニットバスが入りました。


Before
kunimi0218_024.jpg


After
d59ee7d6aeaf3d9d36e6f892aaba880bc2f104c2.jpg


また、同時に改修を行っていたリビングとキッチン、トイレもすっかり生まれ変わりました。
これまでの居間と台所が仕切られていた部分の壁を取り壊し、開放的な空間に。
男性は炬燵にどっかり座り、女性は寒い台所で食事の支度や洗い物という時代から
キッチンとリビングが一つの空間になることで、男性も自ずとキッチンに足が運び、
一緒に家事ができてしまうといった変化が期待できそうです。
対面式のキッチンで家族の会話も増えそうです。


Before
kunimi0218_022.jpg


After
DSC3345_44524.jpgDSC3357_44536.jpgDSC3379_44558.jpgDSC3425_44601.jpgDSC3399_44576.jpgDSC3430_44606.jpgDSC3431_44607.jpg


広かったトイレも縮小し、ジャストサイズに。


Before
kunimi0218_026.jpgkunimi0218_025.jpg


After
DSC3497_44668.jpgDSC3503_44674.jpg

和風の面影を残しながら、木のぬくもりのある暖かな空間になりました。


DSC3533_44703.jpg




「介護のためのリフォーム」


四季の変化を感じるお部屋に。




kunimi0218_008.jpg


外壁が仕上がった介護のためのリフォーム。


ここに犬走りとデッキを作って完成となります。
こもりがちになる介護もデッキを取り付けることでお庭が近くなり、
四季の移ろいを感じることができますね。





「木の伐採」


木の伐採を行いました。




kunimi0218_003.jpg


街灯をつけるにあたり、区からの要請で木の伐採を行いました。
伐採といっても、近くに民家があり、他の木々に囲まれている木を根本からいきなり切り倒すということはしません。(後の処理が大変になるだけです...)


高所作業車を使い、上の枝から切り落としていき最後に根本を切ります。


kunimi0218_002.jpgkunimi0218_009.jpg


不安定な場所でもさすが職人技。


kunimi0218_020.jpg


無事街灯を立てるスペースができました。




「雨漏りかと思ったら・・・」


天井にシミができているとのことで屋根修理を行ったお宅です。




kunimi0218_007.jpg


屋根の改修が終わり、やっと一安心と思ったところでまたシミが・・・
屋根裏を調べてみるとそこには大量のハクビシンの糞尿が。
見事なまでのフンの山。
屋根裏で写真がうまく撮れずお見せできないのが残念ですが、
お見せしたところで苦情が来て「今日の国実」が炎上してしまうところでした。

天井を張り替え、ハクビシンの出入りしそうな入口を塞ぎ、2度目の一安心となりました。


kunimi0218_006.jpg


* 長野県では1976年に天然記念物に指定されたハクビシンですが、家屋や農作物への被害の重大さから指定を解除されました。しかし現在も鳥獣保護法の対象となっており、勝手に駆除すると罰せられます。

雨漏りしそうにない天井に不自然なシミを見つけたら「ハクビシン」かもしれません。
ご心配な方はぜひ国実にご相談ください。




「アスベスト分析」


アスベスト分析を行いました。




kunimni0218_030.jpg


屋根の素材が気になっていたお宅からご相談があり、アスベスト分析を行いました。
アスベスト含有はなしとの結果で一安心しましたが、まだまだ世の中にはアスベスト含有の建築素材が大量にあります。


建てられた年代でアスベストが使われているかどうかは大体わかるのですが、改修工事や解体工事の際は注意が必要です。
解体方法、処分方法が大きく変わるので、今後このような調査が増えていきそうです。




『全国「夫向け」一斉テスト』


有田焼牛の置物プレゼント!




600e359d13a486f6a5190aee6d77c129d6d31dbb.jpg


1月31日(アイサイ=愛妻)の日に因んで『全国「夫向け」一斉テスト』を掲載しています。
奥様の誕生日から好きな食べ物など、奥様をユニークに語ってください。
奥様の採点で100点満点だった方から3名様に「有田焼 牛の置物」をプレゼントいたします。
奮ってご応募ください。


kunimi0218_005.jpg


テストを国実までご郵送いただくか、2月26日「キッチン・風呂を見る会@タカラ佐久平ショールーム」までお持ちください。








世界的なベストセラーとなった、アンデシュ・ハンセンの「スマホ脳」という本を読みました。
Appleの共同設立者であるスティーブ・ジョブズが我が子にはiPadを触らせなかったという事実
も衝撃でしたが、本書の中にあるロバート・サポルスキーというスタンフォード大学の教授の
一言もまた衝撃でした。
地球上に存在した時間の99.9%、動物にとってストレスとは恐怖の3分間のことだった。
その3分が過ぎれば、自分が死んでいるか敵が死んでいるかだ。
で、我々人間はというと、それと同じストレスを30年ローンで組むのだ。



30年どころか50年、70年ローンを組む人もいるでしょう。
家のローンもストレスも無理のない支払方法を選ばないと行き詰まるものです。
あと何年で返済できるのか、不安がまたストレスになる国子です...


国子

「夢ハウス パートナーになりました!」


この度、国実は「木の声を聞きたくなりました」のCMでお馴染みの「夢ハウス」
パートナーになりました。




_36Z8759.jpg


夢ハウスの特徴は自然素材の無垢木造住宅。
高品質でありながらコストを抑え、無駄を排除した無垢材の木造規格住宅は木の香りに包まれた森の中にいるような空間が魅力です。
全国各地にある展示住宅から、先日は上越のショールームを見学してきました。


kunimi0204_0017.jpg
kunimi0204_0015.jpg
kunimi0204_0014.jpg
kunimi0204_0018.jpg
kunimi0204_0016.jpg


自然と一体になり、時間がゆっくりと流れるような空間でした。
https://www.yume-h.com/
「無垢材の家は高い」という先入観を覆す新ブランド「tsumiki」シリーズは若い方に大人気の住宅です。
自由設計の新築から無垢材リフォームまで、幅広く木造住宅を愛する皆さまのご支持をいただいております。


夢ハウス施工事例
0cfdc75a6a9defc6547c2fabf20fe035a31f18a8.jpg
e44685c594cd8f07fcdc255ee9806d0317a9f6d1.jpg
8eb326d2af6ea766cf91ecf014cb42bb3b46ff6d.jpg
68e04142f8976a57782987a2d7c21c9e595c0a07.jpg
b96ee5aafc23c7dfef504faeca114c2c6fe79f59.jpg
953c2ce97cd3fa1006523c4b209b29b9137f2f3c.jpg
5f6d3798702882f8a4257225a459d2ed3e8a5cf0.jpg
b7222c0724561b170ce850bab0dbf28f97fc1b1c.jpg
08212955fd30644667a88934d0a9ab9f0c3e158a.jpg
bb11301c44efe2228288c86df948332cbc276c4d.jpg


理想の「自然と家族がリビングで過ごす家」をぜひ一度見にきて見ませんか?
見学のご希望などお気軽にお問い合わせください。


前の6件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お問い合わせ

お問い合わせ

今日の国実

国実ブログ

スタッフ紹介

施工事例

ごく1部ですが、今まで携わった施工事例をご紹介します。

 

国実分校

だれでも気軽にご参加いただけます。